神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

ペナントレース やまだたいちの奇蹟 第13巻

ペナントレースやまだたいちの奇蹟 13 (ジャンプコミックス)

・タイトル

ペナントレース やまだたいちの奇蹟 第13巻

・本の概要
・太一の天敵⁉
・ギリギリの戦い
・限界を越えて……

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・感想
大林兄弟初登場ですね!
兄弟と言っても双子で、弟のほうが太一の天敵として描かれます。
大林兄のほうもセ・パ1軍2軍全投手の球種、コースが頭に入っていて、読みもほぼ100%的中させるとんでも能力を持っています。
弟のほうはメジャー級の体格とパワーで、兄と合わせればまさに鬼に金棒。

そんな大林兄弟はヤクルトに入っていて、アストロズとは優勝争いを繰り広げることになります。

大林兄の読みもあり、コントロールは良くても球威がなければ打ちごろの絶好球とされてしまう為、やむ無く泰二の登板を繰り上げ辛くも勝利し、優勝の望みを繋ぐも、ダブルヘッダーの2試合目が厳しいという状況でした。

そんな中、白羽の矢が立ったのは太一でした。
人生初の先発、限界を越えた肉体……満身創痍の太一やアストロズの面々でしたが……

注目すべきはやはり、太一と泰二の兄弟バッテリーと大林兄弟の存在ですね!
まあ、プロ1年目の連中に優勝かかりすぎじゃない?っていうのはぶっちゃけありますが、そこは突っ込んだら負けなとこだと思います!
あれ、じゃあ、僕は既に負けてる?

それにしてもダブルヘッダーって投手にかかる負担大きかったんだなー、大変だ……💦


コミック

電子書籍