神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

金色のガッシュ 完全版 第5巻

金色のガッシュ!! 完全版(5)

・タイトル

金色のガッシュ 完全版 第5巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・姿なき狩人
・獲物vs狩人
・狩られる側
・未知の物体
・石板の謎
・頼れる兄
・兄ちゃんの戦い
・最後の希望
・不死身の理由
・前に向かって
・甘き強さ
・足りないもの
・困難な道
・飼い主は誰?
・大切な役目
・12人の刺客
・本の秘密
・第6の術
・30秒の勝機
・王の風格

・感想
狩人小物やんけ(笑)

新たな石板登場!これは確か星の…

そして残りの魔物が40体になったアナウンスが入る。

頼れる兄って君かー、全然覚えてないや、この話。
いい話かと思ったら切ない……

逆転のピースはやはりフォルゴレ。さすがだぜ。
感動の後のギャグ…さすがだぜ(笑)

そして、バリー登場。
バリーが一瞬怯む程の気迫を放つほどの強い正義感…ここの清麿いいなぁ~

初めての完敗。ブラゴの時とも違う完膚なきまでの敗北……
優しき王と強き王、異なる道を歩む2人の再戦を楽しみにしていた人も多かったことでしょう。
ここで成長の兆し見せたバリーは人気に火が付いたイメージあります。

パートナーを求めたウマゴンの一人旅…健気だ。

ナゾナゾ博士とキッドだ!
「ウ・ソ」はわりとみんな真似した人いそう。というかいましたね(笑)

マジョスティック12懐かしいw
あいつら何だったんだろう(笑)

本の秘密…というよりは本と魔物の子供との関係ですね、何故読める頁と読めない頁があるのか……が一瞬で分かる解答。
にしても初見のナゾナゾ博士は不気味で怖い印象ありました。

「ラウザルク」
個人的に大好きな呪文でした!

危険で荒々しい振る舞いが威厳や風格に見えるってのはね、あるよね、分かる。

このブラゴの変化いいよね。


コミック

金色のガッシュ!! 完全版(5)

金色のガッシュ!! 完全版(5)

  • 作者:雷句 誠
  • 発売日: 2019/09/21
  • メディア: コミック
電子書籍
金色のガッシュ!! 完全版(5)

金色のガッシュ!! 完全版(5)

(漫画版)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか コミック 1-10巻 セット


・タイトル

(漫画版)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

・著者情報

九二枝(くにえだ)

職業 漫画・イラストレータ

・本の概要
『ダンジョン』の奥に名誉と富を求め、死と隣り合わせの探索に挑む冒険者達が集う迷宮都市オラリオ。
一人の冒険者志望の少年は、この街で小さな神様に出会った。
少年は、挫折を知り、恐怖を乗り越え、そして英雄になれるのか――。
GA文庫の大人気ラノベをアツくコミカライズ化‼

・点数 84点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ🌟🌟☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・感想
大森藤ノさんのアニメ化、ゲーム化がされている同名の人気ラノベのコミカライズ版です。
現在は10巻まで止まっているっぽいのでいい感じのところで終了って感じるのは否めません。
ちなみにアニメの1期、原作ラノベの5巻までに相当します。

コミカライズ版なのでストーリーの魅せ方云々ではなく、画による魅せ方、迫力、躍動感を中心に採点しました。

当ブログ内の単巻レビューの平均点と比べてやや低めなのは熱中度の部分ですね、単巻レビューは推しキャラの活躍で自分のテンションが上がることで熱中度がブーストされた結果です。
推しキャラが画として生き生きと動いて活躍するとにやける的なアレです。

逆に言うと、アニメ見たことがあるならば初見としての旨みは特にないです。
現状だとここの続きを見るにはアニメか原作見なければならないので、そこで連載ストップされるとちょっと……的なところは正直あります。

とはいえ、コミカライズ部分に関してはなかなかいい出来だと思います。
不完全燃焼でも気にしないよ!って方にオススメです。

内容としましては、英雄願望を持ったリトルルーキーが1つのトラウマを完全克服し、1つ上のステップに上がったのも束の間、更なる強豪?の神々が率いる神々が出て来て、これからどうなる⁉なところで終了な感じです。

主人公のベルくんを中心としたベルくんに好意的な所謂仲間的なキャラクター達との関係性は十分分かる内容ではあります。


コミック

電子書籍

こちらもオススメ

神の雫 第6巻

神の雫(6) (モーニングコミックス)

・タイトル

神の雫 第6巻

著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 72点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・決戦前夜、軍神の加護を我が手に
・あまりにも完璧な恋人たち
・人の造りしもの
・初恋の味はほろ苦く
・忘れがたき旧友
・あの日の笑顔をもう一度
ボルドーに君臨する王者たち
・官能の洪水
・盛者必衰の理
・女王たる所以

・感想
雫くんと一青さんの根本的負けず嫌いなところと煽り耐性ないところ似てるよね。
あと無駄に自信満々なところ似てる。

この作品は外野の女がうるさい気がする。
ドラマの時は感じなかったけど、ししゃり出てくるのウザい。

あれ、思ってたのと違った。記憶違い?

鼻につくな、高杉くん、名前のせいか⁉

5大シャトーの一気飲みはいいけど、自分でお金出さないんだね、雫くん(笑)

ライバルとの共闘⁉
それは実現したら熱い。
うん、遠峰一青はそうでなくちゃ!


電子書籍


作品の雰囲気を実体験出来るかも?

金色のガッシュ 完全版 第4巻

金色のガッシュ!! 完全版(4)

・タイトル

金色のガッシュ 完全版 第4巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・清麿の強さ
・最大の術
・公園の決闘
・感動の彫刻
・ダニーの力
・やりとげた仕事
・最強のコンビ
・空への電撃
・凶暴な女
・愛の手料理
・大切な人
・危険な島
・戦う勇気
・第5の術
ガッシュの風邪
・力の差
・ゆるがない心
・幸せな1日
・真のヒーロー
・二人の王女
ガッシュカフェ④

・感想
お互いの最大の術をぶつけ合って引き分けた後の感じは昔の不良の川原で殴り合った後に友情深める感じに似てますね!
使えば使うほど減るはずの心の力と戦いの中で高まる力……それがバオウの秘密だ!

ナオミちゃんの態度ってわりと分かりやすいよね!
あの崖登りは怖いけど格好いいよ!(笑)

ダニー懐かしい。好きだったなぁ~ダニーボーイ。
この未熟なところもいいんですよね!

本を使わずに肉弾戦。その訳はダニーの力にあった!

清麿のギャグラッキースケベのシーンはいらないかな、むしろ萎える。

ダニーの話めっちゃ良かったです。
それだけに前述のラッキースケベのヒトコマはマジでいらん……

最強のコンビはお前らだけじゃないぜ!って言わんばかりの空への電撃…痺れるぜ。

売れっ子アイドルが1日オフを取る大変さね、分かるよ。

即席チームはやっぱり即席ってね。

ジェットコースターの身長制限は安全を考慮した上だから仕方ない、諦めろ。
とかティオには言えない。
あと、ティオの手料理回は個人的に好き。

ウォンレイ初登場!
囚われのお姫様ならぬ囚われの王子様。

この見ず知らずの人と魔物を助ける為に動くところはガッシュと清麿らしいですよね、男気みたいな?どちらかと言えば完全なる善と言ったほうが正しいのかな?

命懸けで必死に助けに来た最愛の人にその態度取られたら年頃だとキツいよなぁ…
ズタボロのはずの心で気丈に振る舞うリィエンにグッと来ました。
そして彼女は強いと思いました。

「運命や障害に立ち向かわないで何が王だ!」は熱いですね、熱血の清麿さんだ。
何が凄いってガッシュにとってはライバルのウォンレイに発破をかけるところがいいですね、大人になった今だと尚、そう思います。

貫通力のあるザケルガ!
初見の技を一瞬で理解する清麿強い。
そしてギャグパートとはいえ、この跳躍力である。

再登場のアポロ!意外と早かったよね?
衝撃の事実発覚だけど、ゼオンデュフォーが相手なら仕方ないよなぁ~

別にウマゴン好きじゃないけど、この扱いは可哀想だと思う。

現実はそんなもんよ、淡い幻想が4つ打ち砕かれた瞬間。

ちょっと大人になったね、ガッシュ

前々覚えてなかったけど、マ・セシルドのワンカットいいよね!
ティオが王女になる日が来るかもしれない?特別編にしていい話。

おまけマンガはダニーとウォンレイ。
ここにツァオロンを入れた格闘系で魔本組んでた(ガッシュカード)身としては熱い組み合わせ!


金色のガッシュ!! 完全版(4)

金色のガッシュ!! 完全版(4)

金色のガッシュ 完全版 第3巻

金色のガッシュ!! 完全版(3)

・タイトル

金色のガッシュ 完全版 第3巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・古城の悪魔
・不屈の勇者
・最大の魔物
・怖さを越えて
・清麿の父
・操りし者
・妖精の森
・奪われた記憶
・不思議な踊り
・呪文抜きの戦い
・戦士の覚悟
・迷惑な再会
・大切な用
・無二の親友
・暗いトンネル
・メルメルメ~~
・その時まで
・スズメの異変
・自由な男
・底知れぬ力
ガッシュカフェ③

・感想
トラップに対して頭脳、瞬発力で対応するのは好きだけど、ところどころ無理矢理やり力業なのが惜しいですね……

バルトロカッケェ!なんかロボットアニメみたい!

ところどころギャグっぽいのもやたらスムーズだったのも本体がちっちゃいのもフラグ。

人の為にここまで熱くなれる清麿カッケェ。

バルトロが震えるほどの相手…って演出なんだろうけど、今見ると結構回りくどい。

うわー、プロフェッサー・ダルタニアン懐かしい。

ガッシュが記憶をなくした理由とガッシュの記憶を奪った奴とガッシュのそっくりさん問題の伏線の同時回収。
核心的な部分はまだ伏せられてますが。

ヨポポとガッシュの踊り激カワ。
ヨポポイ!ノポポイ!可愛い。

ヨポポの覚悟と清麿の熱さよかったなぁ~

キャンチョメ再び!
激昂してデビル化する清麿の怒りはカードゲームにあったなぁ~

ここのエピソードはイメージと思い込みで早合点した清麿がちょっとあれですよね、言い分も聞かずにザケル放つのはちょっと……

石板とウマゴン初登場!
ウマゴンの動き可愛いよなぁ~

シェリーの頑張る理由、戦う理由を知ると一気に見方変わるよね。

これは清麿が悪い。とも言い切れないか。
結びが固くてほどけないなら紐を切ればいい。っていうのも決して間違いではないしなー
そもそも初対面から手噛まれてるし、これなんでだっけ?理由あったっけ?

あ、理由あったね、そうか、そうか、そういうことか。

自由人のアポロ、遊んでいるようで普通に強い。

おまけマンガはキャンチョメとブラゴ!
予想外すぎる組み合わせだ!!


金色のガッシュ!! 完全版(3)

金色のガッシュ!! 完全版(3)

走馬灯株式会社 第10巻

走馬灯株式会社 : 10 (アクションコミックス)

・タイトル

走馬灯株式会社 第10巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ🌟🌟☆☆☆
テンポ☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・澄川耕作 36歳
・羽宮理乃 27歳
走馬灯株式会社

やっぱりこれは澄川さんが個人的に狙われてる可能性高いよなー

頭の中を空っぽにして○番目の角曲がるってムズいね!絶対考えちゃうわ…

澄川さん要領悪いっていうか理解力乏しすぎてテンポ悪くなるな、黙って見てればいいのに。

なるほど、それが真実か……エグいな。
澄川さんが嫌いなせいか若干桂木さんに寄ってしまうっていう。

あー、株主だからって調子に乗ってたら根本的なことを忘れてた的な……よく出来てるなぁ~

対して澄川は最後の最後に決死の覚悟で主人公になったって感じします。
嫌いだったけど、その選択はなかなか出来るものじゃないので素直に格好いいと思いました。

最後のお客様は読者なのかな?
これきっかけでいろいろ思い出したりもしました。
黄金体験追憶みたいな?


神の雫 第5巻

神の雫(5) (モーニングコミックス)

・タイトル

神の雫 第5巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 76点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ🌟🌟🌟☆☆
テンポ☆☆
熱中度☆☆☆

・本の概要
・眩し過ぎる過去に、女は瞳を閉じて
・過去へと誘う3杯のグラス
テイスティング禅問答
・コスプレ・で・テイスティング
・泉のほとりの完全なる世界
・神秘の淵から湧き上がる水
・絶望が思い出に変わるまで
・過去と出逢うためのグラス
・時に愛は、沈黙とともに
・決闘の騎士の眼前で、天使が舞う

・感想
天地人が揃わないと本当の幸せとは言えない……かもしれない。確かに、一理ありますね。
まあ、それと自分の為に他人の人生を大きく変えていいかは別問題だけれども。

失われた記憶の中のワインがついに?
この失われたワインが12使徒の1つなのかな?

ただの水を飲んで心の中のワインを味わうだと⁉
これが天才か。

繋がった?それとも偶然か?

ワインの神秘とは?
なるほどなるほど、そういうことか。
作り手が同じでも……ってやつですか、なるほど。
あとそろそろいい加減みやびちゃんうざい。

ヴィンテージは上質なミステリー小説みたいな味わいで厳しい環境に耐えたワインは官能…なるほど、興味深い。
この嗅ぎ分けこそがワインの真髄かー、本当に奥深い。

セーラちゃん!
相変わらず強引w
みやびちゃんとのヒロイン対決がいよいよスタートですかね?

ついに第1の使徒
お互い試飲せずの対決ってドラマで見たのぼんやり覚えてる。
これ結構衝撃的な印象。