神黎の図書館

ゲーマーでもある僕が読んだ本について思ったことを書くブログです。

ジョジョの奇妙な冒険 25 Part4 ダイヤモンドは砕けない 8

ジョジョの奇妙な冒険 25 Part4 ダイヤモンドは砕けない 8 (集英社文庫(コミック版))

・タイトル

ジョジョの奇妙な冒険25 Part4 ダイヤモンドは砕けない 8

・本の概要
・アトム・ハート・ファザー
吉良吉影の新しい事情
・ジャンケン小僧がやって来る
・ぼくは宇宙人

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 68点

ストーリー☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆

・感想
康一くんと億泰のコンビ痛恨のミス!
承太郎が閉じ込めた写真の親父を逃がしてしまった!!
仗助が見付けた弓と矢も写真の親父に取られてしまった!
なんてこったああああ!!(いつかの康一くん風)

吉良吉影を捨て、川尻浩作として生きる川尻(吉良)
ややこしいですよね、でも実際そんな感じなんです、すみませんm(__)m

川尻しのぶ(奥さん)も結構ヤバめな性格してますよね、間違いなく好感度は捨てに来てる。

ジャンケン小僧ウザすぎる(笑)
あと途中で出てくる仗助がとても主人公とは思えないほどの手抜きの画で笑います。

子供の成長は著しい。そういう子は大体慢心するよね。

宇宙人についてはとりあえず置いといて……
ここの仗助本当に嫌いなんですよね、「友達ではない人」の能力を利用して「嫌いな」露伴先生をカモにしようとするところが気に入らない。
しかも協力してもらうのに騙すことやイカサマの事を話さないところが気に入らない。
しかも自分はリスクを負わずに逃げようとする心意気も気に入らない。

嫌な奴だけど、目的の為ならリスクを負える露伴先生は好きです。


コミック

電子書籍
モノクロ版カラー版

ベイビーステップ 第17巻

ベイビーステップ(17) (講談社コミックス)

・タイトル

ベイビーステップ 第17巻

・本の概要
・好機
・今できる全て
・前へ
・ゾーン
・友達の友達
・異端児
・衝動
・高木朔夜
・手札の数
・執念

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

感想
ギリギリの局面での股抜きショットすげぇ!
けど直前で返されたショットを迷わずもう1回打てるのもすげぇ!
試合終了と共に沸き上がる怒号のような大歓声、いい試合だったよね!

スポーツの世界ではちらほら聞く「ゾーン」を理性と本能のバランスって表現したのはわりと分かりやすいかも?
自らゾーン入るならその絶妙なとこ自分から突かなきゃですもんね!

嫌な奴……か。
高木朔夜くん、勝つ為なら反則ギリギリの行為でも厭わないという異端児。
こういう振り切ったキャラクターは嫌いではないです。
ちなみにアニメでのCVは森田成一さん。
若干灰崎感ありますが、幼い頃からめちゃくちゃ練習して普通に強いんですよ、戦略的煽りってやつですね!

普通にやれば正確無比。されど異色のショットもポーカーフェイスでやってのける。
確かな技術と卓越した精神力、豊富な手札を持つ高木くん。

真面目vs邪道の真剣勝負、目標はただ1つ……難波江に勝つ、ここから先は頭脳戦だ!


コミック

ベイビーステップ(17) (講談社コミックス)

ベイビーステップ(17) (講談社コミックス)

電子書籍

ジョジョの奇妙な冒険24 Part4 ダイヤモンドは砕けない 7

ジョジョの奇妙な冒険 24 Part4 ダイヤモンドは砕けない 7 (集英社文庫(コミック版))

・タイトル

ジョジョの奇妙な冒険24 Part4 ダイヤモンドは砕けない 7

・本の概要
・シアーハートアタック
・アトム・ハート・ファザー

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
吉良吉影は容赦ないなぁ~
実行犯は吉良だけど、承太郎が行かなければ店主のおじさんは犠牲にならなくて済んだんじゃ……承太郎さんちょっと無警戒すぎじゃない?

見るんじゃなく「観る」
聞くんじゃなく「聴く」
観察しないと死ぬ、やっぱ強いな、キラークイーン

康一くんは基本好きだけど、先輩の忠告を無視した挙げ句、自らピンチを広げて足引っ張るのはちょっとフォロー出来ない。

つっても康一くん自身は逆境を跳ね返して進化するとこあるから何とも言えない。

結果的に康一くん1人で犯人をあぶり出したからお手柄というか結果オーライというか。

康一くんは孤独の戦いの末に精神的に吉良を圧倒。やるやん!
まさに「成長したな、康一くん」でした。

追い詰められた土壇場で生き延びる為に迷わず躊躇わず左手を切り落とす吉良もすごいけど、冷静に「ソレ」を治すことで追跡する仗助もすごい。

傷だらけのボロボロ状態で普段勤めている会社の同僚に出会う吉良さんは若干気の毒ですが、こんなん目撃するほうもホラーだわ……っていう。

エステの人可哀想。これは酷い。

写真の親父ヤバいッスよね、ほんとホラー。
これは本当に承太郎の冷静さがなければ危なかったッスね。


コミック

電子書籍
モノクロ版カラー版

ベイビーステップ 第16巻

ベイビーステップ(16) (講談社コミックス)

・タイトル

ベイビーステップ 第16巻

・本の概要
・大雑把
・不敗神話
・展開図
・投影
・応援
・見えない敵
・現状把握
・直視
・イメージ
・タイミング

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

感想
真逆のテニススタイルかー
大雑把にでも正解を導き出す井手くんは確かに凄い。
数ヵ月が90秒……なんて効率の良さなんだ。

しっかり視てから動ける擬似的な予知能力のエーちゃんと相手の性格や行動から最短ルートで最適解を選択出来る能力。
どちらも予知に近い、でも情報vs勘という大きな違いがある、これは正直面白い。

正反対なのにどこか似てる、そんな感じの2人の試合は徐々に観客を魅了していきます。
これってプロの素質なんじゃ?

最高にドラマチックな展開でノリに乗る井手くんとその雰囲気に呑まれるエーちゃん。
こういう場面はプロでもあるだろうからここを乗り越えないとやっていけないよね、どっちにしろ。
試合中のなっちゃんが反応示したからエーちゃん側の救世主はやっぱりなっちゃんかな?

と思ったら偵察に来てた難波江くんだったw
意外ではないけど意表を突かれた(笑)
でもなっちゃんも間に合ったのでエーちゃんの応援もしやすくなったはず!

どっちにも負けられない理由がある。
だからこそ正々堂々倒したい。
これは熱きスポーツマンの真理だと思ってます。


コミック

ベイビーステップ(16) (講談社コミックス)

ベイビーステップ(16) (講談社コミックス)

電子書籍

ベイビーステップ 第15巻

ベイビーステップ(15) (講談社コミックス)

・タイトル

ベイビーステップ 第15巻

・本の概要
・夏に向けて
・再戦
・遠征
・永遠に続く時間
・緒戦の想定
・チェンジ オブ ペース
嵐を呼ぶ男
・井手義明
・真意
・集中

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

感想
全日本の切符をかけた関東ジュニア開幕!
の前に中断してたタクマさんとの試合の続き。
全国デビュー前にさらっとマスコミへの売り込み成功。

決戦の舞台、千葉への遠征。
最大7日間、負けたら即帰宅の超サバイバル!
荒谷くんとめっちゃ仲良くなってるよね、エーちゃん。

元のデータと遥かに違う相手でも焦らずにじっくりデータを集めて料理する辺り本当に強くなったなぁ~

井手くん劇場かー、やりづらそう。
エーちゃんの応援したらしらけた目で見られると応援もしづらい。
こういう時に応援席になっちゃんが欲しい。

井手くん全部擬音なの面白いw
最初は完全にアウェイでも試合が進めば観客を魅了出来るのもエーちゃんの強みだと思います。


コミック

ベイビーステップ(15) (講談社コミックス)

ベイビーステップ(15) (講談社コミックス)

電子書籍

ベイビーステップ 第14巻

ベイビーステップ(14) (講談社コミックス)

・タイトル

ベイビーステップ 第14巻

・本の概要
・対抗心
・本心
・記憶
・決断
・覚悟
・ストップ
・勝者
・心境の変化
・マイペース
・番外編

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

感想
速球は目が慣れるからいずれ打たれる。
しかし、遅い球にも合わせてきた。
試合中の修正の早さ、順応性も荒谷くんの強みですね。

いやー、いい試合だった。
でも個人的にはなっちゃんと清水さんの試合は結果だけじゃなくてせめてダイジェストでもいいから見たかったなw
男子決勝を丁寧に描きたい気持ちも分かるけど!どうせなら見たかったですよ!(笑)

スポーツ漫画の定番、ライバル達との交流練習(試合含む)
エーちゃんが取得したいチェンジオブペースの申し子の岩佐くん、全国最強の左利きプレイヤーの荒谷くんと試合出来る機会が増えたのはいいことですね!

でも何より僕を喜ばせたサプライズは清水さんですね!
ちょっとオドオドしてたり、若干とんちんかんなとこあったり、マイペースですが可愛いのでもうちょっと積極的に出てくれたもいいんですよ?←


コミック

ベイビーステップ(14) (講談社コミックス)

ベイビーステップ(14) (講談社コミックス)

電子書籍

ベイビーステップ 第13巻

ベイビーステップ(13) (講談社コミックス)

・タイトル

ベイビーステップ 第13巻

・本の概要
・感覚
・荒谷寛
・実証
・デフォルト
・刷り込み
・修正
・踏み出し
・積極策
・選択
・内なる戦い

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

感想
感覚派の相手に対して理論立てて行動しても意味がない、情報を頭に叩き込んで後はその場で相手に合わせて感覚でやるしかない……確かに恋愛に似てるかも、理屈ではないってことね。

理論と読みとコントロールでパワー&スピードと互角に渡り合うエーちゃん。
しかし……

左利き選手とのやりづらさ……か。
分析力と急成長でどこまでやれるか……ですよね。

1セット目で左利きに戸惑ってたのに2セット目ではしっかり対策をしてくる。これがエーちゃんの強み。

荒谷くんは怒りを押し殺すでもぶちまけるでもなく、空に放つという手段で自分の感情をコントロール
まさに咆哮……

左利き対策も出来た。
パワー&スピードプレイヤーに対して有効な戦い方も身に付けた。
後はもう自分を信じて自分のテニスを貫けるかどうかにかかってますね!


コミック

ベイビーステップ(13) (講談社コミックス)

ベイビーステップ(13) (講談社コミックス)

電子書籍