神黎の書評という名の読書感想文

ゲーマーでもある僕が読んだ本について書くブログです。

みゆき 第2巻

・タイトル

みゆき 第2巻

みゆき (Vol.2) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

・点数

80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

著者情報
あだち充(あだち みつる)
生年月日 1951年2月9日
群馬県伊勢崎市出身の男性漫画家。
群馬県立前橋商業高等学校卒。
血液型はAB型。

代表作
『タッチ』
『みゆき』
『H2』
クロスゲーム

受賞歴
第28回小学館漫画賞少年少女部門
(『みゆき』『タッチ』)
第54回小学館漫画賞少年向け部門
(『クロスゲーム』)

少年時代は野球部に所属していて、ポジションはピッチャーでした。

その一方で、兄(あだち勉)とともに貸本漫画の読者投稿コーナーの常連でもあり、『群馬の天才兄弟』として知られた存在でした。

高校在学中に『COM』の新人賞で「虫と少年」が佳作2位に選ばれ、以後『COM』の読者コーナーにしばしば掲載されるようになります。

高校卒業後は公務員になる予定でしたが、一足先に漫画家になっていた兄に誘われて上京し、アシスタントを経て、1970年に『デラックス少年サンデー』にて「消えた爆音」でデビュー。

以降しばらくは漫画原作者と連名で作品を発表し、当時のブームだった劇画調の少年漫画を執筆します。
が、ヒットには恵まれず、幼年誌でのコミカライズや少女誌などに活躍の場を移し、それにつれソフトタッチな作風に変化しました。

1978年、再び少年誌に戻り、高校野球を題材にした『ナイン』を発表します。

少女漫画の雰囲気を少年漫画に持ち込んだこの作品が高い評価を得ます。

続けて『みゆき』、『タッチ』が大ヒットし、ラブコメ漫画の代表的作家として『週刊少年サンデー』を牽引し、人気漫画家としての地位を確立します。

1982年、上記2作で第28回小学館漫画賞少年少女部門を受賞します。

以降も『週刊少年サンデー』で主に野球漫画を執筆し、コミックスの発行部数は、1990年4月に『スローステップ』第5巻にて累計1億部を達成し、2008年5月に『クロスゲーム』第12巻にて単行本のみの累計で小学館連載作家として初めて2億部を突破しました。

2009年、『クロスゲーム』で第54回(平成20年度)小学館漫画賞少年向け部門を受賞します。
2009年頃より主な活躍の場を月刊誌である『ゲッサン』に移します。

作風
作中にしばしばあだち自身が登場し、平然と作品に対する弁解や宣伝を行なうのもあだち作品の特徴の1つです。

本の概要
・母親
・嵐の中での一夜
・みゆき
・兄妹

・感想
個人的にはあんまり気になりませんでしたが、インタビューのところで先生自身がこの頃は絵が荒れていた。と仰ってるので、減点しておきました。

ワイド版2巻は『母親』についてのお話から始まります。
ここに関しては隠れテーマが潜んでるので書けませんが、個人的に好きなエピソードの1つです。

嵐の中の一夜……と言うのは、夏休みのバイト先での出来事です。
別荘を見に行ったみゆき(妹)と竜一。
嵐になって帰ってこない妹を心配して別荘に向かう真人とみゆき(GF)でしたが、道が塞がれて進むことが出来ません。
そして、帰り道も塞がれ……
それぞれが嵐の夜に男女で一夜を過ごすことに……という内容です。

そして、嘘のようでありそうなお話。
妹のほうのみゆきに惚れ込んでいる中田先生は母親に無理やりさせられたお見合い相手に気に入られている…という状況から始まります。
偶然にもお見合い相手の名前もみゆきさん。
そして、風邪をひいた中田先生の看病に来たみゆき(妹)ですが、偶然にもお見合い相手のみゆきさんを見かけて後を頼んでしまいます。
そして……「みゆきちゃん結婚してくれ」

結婚式の前日、妹のみゆきを諦める為にたった1度のデートをすることになります。
海外育ちのみゆきは別れ際にほっぺにキスをします。
それがまずかったのか……屋台で荒れながらたまたま隣にいた男性に愚痴と婚約者に対する暴言を吐きます。
なんと、その男性こそが娘の結婚式の為に海外から帰ってきていた婚約者のみゆきさんの父親だったのです。

どこかにありそうなありそうな話と言えば、海外のしきたりというか風習の話も収録されています。
(幼い頃だとしても)男性が指輪を渡すのがプロポーズ、それに対して女性がクッキーを焼くとOKの合図。
女性が男性にウィンクするのがプロポーズ、それに対してあっかんべで返せばOKの合図。
というユニークだけど、旅行者にとっては拷問に近い仕打ち……何となくこういうのありそうですよね?

ガールフレンドのみゆきよりも先約とはいえ、妹のみゆきとの約束を優先する若松くんはおかしい…あの兄妹は異常。というお話。
大好きな若松くんを庇う為とはいえ、友達に対して結構ひどい鹿島さん…
そんな中、自分のピンチを二度も救ってくれたということで、柔道部の先輩と映画を観に行く約束をします。
当日…気が小さくて優しい先輩は妹との約束を平気で破ってデートを選んだことを知ります。
一人っ子の鹿島さんにとっては優しいお兄ちゃんが理想で、若松兄妹は理想の兄妹そのものだったのです。

最後に
みゆきという作品自体のテーマとも言えますが、家族をテーマにした作品になっています。

文庫版、ワイド版、完全版の違い(マンガ編)

文庫版について
原則として、マンガにおける「文庫版」とは、過去に「単行本」として発売されたものを文庫サイズ(A6判)で再発売されたものです。

「単行本」を出したと同じ出版社から出る場合と、別の出版社から出る場合があります。

カバーや表紙のデザインが「単行本」とは違っていたり、1巻ごとの収録話数が「単行本」より多かったり、場合によっては内容が少し描きかえ(書きかえ)られていたりします。

基本的には小説と同じ感じですが、マンガの場合はサイズのコンパクトさに合わせて絵と文字が小さくなって読みづらいという意見や迫力が足りないという意見も見受けられるので注意は必要です。

こちらも小説同様に単行本未収録エピソードが収録されている場合もあります。

小説との最大の違いは単行本より文庫版のほうが紙質が良く、保存が効くことです。

ワイド版について
サイズに関しては少年コミックと青年コミックで多少違うようです。
基本的には同じぐらいのサイズもしくはB5ワイド(179×257)のどちらかがほとんどです。

2~3冊分の内容が1冊になっている分、分厚くなっているので、分厚い単行本という認識でOKだと思います。

また、豪華版や新装版も意味合いとしてはワイド版と同じです。


完全版について
基本的には単行本+αのまさに完全版です。
具体的には、連載当時のカラーの部分、作者コメント、単行本未収録のエピソード、付録エピソード、加筆修正・書き下ろし等々、作者や作品によって異なりますが、こんな感じです。

紙質は黄ばみにくい厚めの良質なものを使っていて、単行本と比べると大きくて保存が効きます。

紙代+印刷代が通常より余分にかかる為、単行本に比べて値段は高いです。

・まとめ
結局どれ買えばいいの? って聞かれた場合、一概には言えない……というのが本音ではありますが、あえて答えるならこうですかね。

とにかくすぐに読みたい(新刊の場合)、保存状態(黄ばみやよれ具合)を気にしない(中古の場合)、発売当初の雰囲気を味わいたい方は単行本、

多少読みにくても構わないし、おまけページや作者コメントがあってもなくてもどうせ飛ばす方、コンパクトに本棚に収めたい方、シンプルな表紙が好みの方には文庫版、

文庫版は嫌だけど、単行本を置くスペースや費用を少し抑えたい(誤差の範囲ですが)という方にはワイド版、

作者、作品のどちらも好きでその作品の全てを愛して全てを楽しみ尽くしたいという方には完全版、

がオススメです。

このまとめ方だとワイド版の利点が薄いのでフォローをしておくと、ワイド版は単行本と同じ感覚で読める上に、単行本より断然保存状態が効くので結構良いですよ!(ちょっと重いですが!)

完全版の作品の全てを楽しみ尽くしたいというのは、昔読んでたけど売っちゃったマンガを買い直したい時にオススメなだけではなく、単行本と比べてどう変わっているのかを楽しむという楽しみ方もあると思います。

例として挙げると、るろうに剣心の外印は単行本と完全版でもはや別キャラ…というレベルでビジュアルが変更されてますよね!

そんなこともあるので、それぞれ一長一短ですので、どのタイプがいいかは作品にもよるし、個人差があるとしか言えないですよね……つまり、綺麗にまとまらない←

単行本と文庫本の違い(小説編)

小説には単行本と文庫本の2種類があります。
今回は、小説の単行本と文庫本の違いについてまとめた記事です。


主な違い
単行本
サイズ A5(大きい)
値段 1000円以上(高い)
表紙 丈夫
裏表紙 あらすじなし
余白 広め
スピン(しおり) あり
あとがき・解説 なし


文庫本
サイズ A6(コンパクト)
値段 1000円以下(安い)
表紙 よれやすい
裏表紙 あらすじあり
余白 狭め
スピン(しおり) 基本なし
あとがき・解説 あり

単行本と文庫本の大きな違いは、
サイズと値段、発売までの期間です。
文庫版は単行本の発売から2~3年後に発売されることが多いです。

具体的な違い
値段について
大体の場合、文庫本は単行本の半額以下の値段になります。
まれに1/3以下になることもあります。
安さでは文庫の方がお得です。
ただし、例外もあります。

単行本が文庫化されるタイミングについて
大体の場合、単行本が発売されてから、2~3年後に文庫化されるのが一般的です。

ただ、これもタイトルの人気度合いや、
ドラマ化・映画化などのタイミングに合わせて前後します。

一般的に単行本が売れている間は文庫化しないので、人気のタイトルほど文庫化は遅いようです。

どっちがおすすめ?
ざっくり言うと、答えは「読みたい時に発売している方」です。

本を買う時にもっとも大事なのは鮮度ですよね?
文庫本が出るのを待っていて、作品に対する熱が冷めてはもったいないじゃないですか?

文庫本の方が価格も安くて、持ち運びやすいので手軽に買えますが、発売日が遅いのがネックになります。

「読みたい!」と思った時に単行本しか出ていない場合は文庫本の発売を待つより単行本で買うのがベストです。

逆に、ドラマや映画を見て原作を読んでみたくなった場合に文庫本が出ていれば、文庫本がオススメです。

キレイに保存しておきたい場合
文庫本の利点ではありますが、カバンに入れて持ち歩くと、本の状態が多少劣化することがあります。

読み終わった後もキレイに保存しておきたい時にはブックカバーがオススメです。
カバーしておけば表紙の傷みはかなり防げるので、文庫本でもキレイに保存できます。

また、ブックカバーをしていると、通勤や通学などで電車で読む時やカフェで読みたい時に、読んでいる本のタイトルも隠れる効果もあります。

また、カバーをかけて本棚に入れておくと、ヤケによる変色が防げるという効果もあります。

・まとめ
自宅もしくは実家に書庫があったり、今すぐ読みたい、何度も読みたい、長期保存したい、ハードカバーが好き。という方には単行本がオススメです。

本棚の収納スペースにあまり余裕はない、旬が過ぎていてもいいから安く買いたい、持ち運びたい、繰り返し読むことは少ないけどより多くの本を本棚に入れたい。という人には文庫本がオススメです。

※作家さんによっては単行本と文庫本で本の内容が変わることがありますのでそこら辺は要注意です。

みゆき 第1巻

・タイトル

みゆき 第1巻

ワイド版 みゆき 1 (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

・点数

84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・著者情報
あだち充(あだち みつる)
生年月日 1951年2月9日
群馬県伊勢崎市出身の男性漫画家。
群馬県立前橋商業高等学校卒。
血液型はAB型。

代表作
『タッチ』
『みゆき』
『H2』
クロスゲーム

受賞歴
第28回小学館漫画賞少年少女部門
(『みゆき』『タッチ』)
第54回小学館漫画賞少年向け部門
(『クロスゲーム』)

少年時代は野球部に所属していて、ポジションはピッチャーでした。

その一方で、兄(あだち勉)とともに貸本漫画の読者投稿コーナーの常連でもあり、『群馬の天才兄弟』として知られた存在でした。

高校在学中に『COM』の新人賞で「虫と少年」が佳作2位に選ばれ、以後『COM』の読者コーナーにしばしば掲載されるようになります。

高校卒業後は公務員になる予定でしたが、一足先に漫画家になっていた兄に誘われて上京し、アシスタントを経て、1970年に『デラックス少年サンデー』にて「消えた爆音」でデビュー。

以降しばらくは漫画原作者と連名で作品を発表し、当時のブームだった劇画調の少年漫画を執筆します。
が、ヒットには恵まれず、幼年誌でのコミカライズや少女誌などに活躍の場を移し、それにつれソフトタッチな作風に変化しました。

1978年、再び少年誌に戻り、高校野球を題材にした『ナイン』を発表します。

少女漫画の雰囲気を少年漫画に持ち込んだこの作品が高い評価を得ます。

続けて『みゆき』、『タッチ』が大ヒットし、ラブコメ漫画の代表的作家として『週刊少年サンデー』を牽引し、人気漫画家としての地位を確立します。

1982年、上記2作で第28回小学館漫画賞少年少女部門を受賞します。

以降も『週刊少年サンデー』で主に野球漫画を執筆し、コミックスの発行部数は、1990年4月に『スローステップ』第5巻にて累計1億部を達成し、2008年5月に『クロスゲーム』第12巻にて単行本のみの累計で小学館連載作家として初めて2億部を突破しました。

2009年、『クロスゲーム』で第54回(平成20年度)小学館漫画賞少年向け部門を受賞します。
2009年頃より主な活躍の場を月刊誌である『ゲッサン』に移します。

作風
作中にしばしばあだち自身が登場し、平然と作品に対する弁解や宣伝を行なうのもあだち作品の特徴の1つです。

本の概要
・2人のみゆき
・安堵と不安
・ライバル登場?

・感想
持っているのがワイド版なのでボリュームは大でした。

最初は特に説明もなく始まり、流れを追いながら何となく設定を把握する感じです。

ざっくり言うと主人公の男の子が同級生の憧れの女の子に振られ、次に一目惚れした女の子は外国に行っていて6年振りに会った妹だった……というお話です。

偶然にも2人の名前はみゆき。
しかも同じ誕生日。
そして妹とは……

こんなの通常の男子高生なら耐えられないだろwというシチュエーションの数々……一目惚れして好きになりかけた女の子と1つ屋根の下というのが特にマズいような……

そして容姿端麗な妹には変な虫が数匹群がっていますので心配で気が気でない……

2人のみゆきの間で揺れ動くのは真人が優しいからなんだろうなぁ…

ちなみに僕は第一印象から妹のみゆき派です。


2年に進級して同級生のみゆきの隣りに当然のように立つ容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能のスキルを兼ね備えた香坂が現れます。
それなのに噛ませ役という悲しい立ち位置……


物語としては1学年進級した以外はあまり進歩してません。
なのでボリュームの割に感想として書くものもあまりないという……

強いて言うなら、今の時代だとアウトっぽい描写も描かれてる辺りが見所というか、表現の自由の全盛期?

そこら辺の裏話は巻末のインタビューでも言及されています。

・まとめ
とりあえずみゆきは可愛い。
みゆきが一番。

ちょこっと予告

大掃除シーズンに先がかけて本棚の整理がてら手持ちのマンガをフル紹介しちゃう?的な企画を考えたものの、見切り発車ではあるので一部だけ先に紹介しておきますね!

と言っても、基本的にはこの作者さんが好きというのが伝わればいいかな。ぐらいの気楽なものです!

所持数No.1、あだち充作品
みゆき
みゆき全5巻 完結コミックセット(ヤングサンデーコミックス ワイド版)
今となっては当たり前?というかラノベでよくある光景の兄と妹の恋愛を描いた作品。
僕が妹萌えなのってもしかしてこれが原因!?

タッチ
タッチ 文庫版 コミック 全14巻完結セット (小学館文庫)
面白いから最近タッチ読んでるよ!って言ったことを機に少年野球を始めるきっかけになった作品です。
これも僕の原点と言えば原点です!

ラフ
ラフ コミック 全6巻完結セット (少年サンデーコミックススペシャル)
元々実写版を見ていたのですが、あだち充作品の最高傑作と聞いたので購入。
これはマジで面白い……と、1巻から最終巻まで徹夜で1日で読んだ若かりし頃の思い出が甦りました(笑)

H2
H2(エイチ・ツー) 全34巻完結(少年サンデーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
こちらも元々は山田孝之さんがやってたのでドラマを見ていました。
これも一気に読む程面白かったなぁ~

KATSU
KATSU! 全16巻完結(少年サンデーコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
ここからはリアルタイムというか連載同時にサンデーで読みつつ、単行本も買った作品です。
恋愛面で言えばKATSUが一番好きでした。
ちなみに、はじめの一歩とあしたのジョーとKATSUを同時期に見ていたせいか、高校入学時にボクシング部に入ると思ってた。と家族に言われた逸話有りです。

クロスゲーム
クロスゲーム 全17巻完結セット (少年サンデーコミックス)
あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない……え、違う?
冒頭で泣かされたのはタッチ以来でした。
今までの作風とは異なる突然のヒューマンドラマ感。
スルメ感があります。


矢吹健太朗作品
邪馬台(やまと)幻想記 (1) (ジャンプ・コミックス)
邪馬台(やまと)幻想記 (2) (ジャンプ・コミックス)
矢吹先生のデビュー作です。
当時高校生での連載という天才っぷりだったとか。
個人的には好きなストーリーというか続きが気になるので打ち切りエンドなのは残念ですね……
いくつかの要素がブラックキャットに継承されているように感じます。
さすがに絵柄は見劣りしますが、和のテイストが好きならオススメです!

ブラックキャット
BLACK CAT コミック 全20巻完結 (ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイスコミックセット]

『不吉を届けに来たぜ』

同世代の男の子の大半は読んだらハマってたのではないでしょうか?
男の子が好きな要素がとにかく詰まってたと思います!
あ、読んだことない人のために言っておきますが、ブラックキャットには大してエロシーンはないですよw

To Loveる
To LOVEる―とらぶる― コミック 全18巻 完結セット (ジャンプコミックス)
ちょっとエッチなラブコメです。
これは同世代の男の子は口に出さなくても読んでたような気がします(笑)
ダークネス発刊後は無印版は微エロ程度のものです。
個人的にはラブコメとして好きだったので過激な演出はなくても良かったのですが……(笑)

迷い猫オーバーラン
迷い猫オーバーラン!  全2巻セット (ジャンプコミックス)
To loveるの無印とダークネスの間に出された作品です。
ラノベ迷い猫オーバーランともアニメの迷い猫オーバーランとも一味も二味も違う矢吹先生の描く迷い猫オーバーランは少し過激……ですが、女の子の可愛さはダントツです。
好みの問題なので一概には言えませんが、個人的にはまさにベストマッチ!でした。

真島ヒロ作品
RAVE
RAVE 全35巻 完結セット (少年マガジンコミックス)
アシスタント歴があるからなのか、RAVEの絵柄はワンピースに似ています。
似ているのでワンピースを読んでいるとRAVEが読みたくなる……という罠がありました。
RAVEをまた読みたくなったがゆえにこの企画のスタートが決まりました!


まあ、とりあえずこんな感じですね!
詳しい感想は後日、それぞれの記事で……ということで!

お知らせ

ゲームのほうのレビューでお馴染み、たいしたことはないけど、一応?のコーナーです!

小説を中心にと謳っておきながら凝縮なのですが、今年度はマンガの記事を中心に書いていきたいと思います。

と言いますのも、ワンピース読んでたらRAVEを読みたくなって、日米野球見てたらパワプロしたくなって、あだち充作品読みたくなる……ならいっそ書くか!!的なノリです。

買うだけ買って読めてない積み小説の数もどんどん増えてますが、それはそれ……本棚の整理も兼ねてマンガに関しての趣味が丸分かり!?な企画を考えております。

ペルソナ倶楽部P4

・タイトル
ペルソナ倶楽部P4

ペルソナ倶楽部P4

・点数
総合得点92点
表現力☆☆☆☆☆
深み☆☆☆☆☆
芸術性☆☆☆☆
ストーリー性☆☆☆☆
読みやすさ☆☆☆☆☆

・著者情報
アトラス×ファミ通

・本の概要
ペルソナ4に関する情報満載の1冊です。

・感想
前回のペルソナ倶楽部P3と違ってペルソナの歴史は入ってません。
そして、キャラ毎のショートストーリーはありません。

最初はストーリー本編全体のあらすじです。
一度クリアしてたらここを読むだけで何となくストーリーを思い出せるはずです。

そのあとは主要キャラの詳細になります。
主人公以外のパーティーキャラクターはSNSのプロフィール画面のようなものが用意されていて、面白いです!

入ってるサークル?グループ?のようなものに個性が出ています。
そして、個人的にユニークだと感じたのは、似ている有名人の項目に担当声優さんの名前を書いていること。
なるほどwってなりました!

他にもいろいろ満載なのですが、ペルソナ倶楽部P4は一般投稿のイラストに力が入ってるイメージを持ちました。
中には4コママンガになっているもの等もあって個性出てました!

ショートストーリーの代わりなのか、本編をなぞらえたキャラクター毎の特集みたいなものがありました。

例えば、陽介ならジュネス内の日誌として例のバイトとのいざこざやらジュネス内部での裏話が陽介視点で振り返られてます。

ジュネスと言えば、このペルソナ倶楽部P4はジュネス全面推しです。
ジュネスまでの地図、ジュネス内部の地図、ジュネスの名物キャラとして紹介される陽介とクマ、更には目玉商品のチラシ……と特設ページが組まれているのです。

菜々子と陽介の為ならジュネスの内部まで知れということか!

あとは各コミュのランク1~10までの細かいあらすじや、2周目以降の指南書、サブキャラクター図鑑、フォトギャラリーなど見応えは十分あります。

最後の制作者インタビューはネタバレ回避の為に袋とじになっていました。
袋とじを開けるドキドキ感も味わえるかも!?

・まとめ
こちらも無印のペルソナ4に関するものなので、4G、4U、PQ、ダンスとは無関係です。

ペルソナ倶楽部P4

ペルソナ倶楽部P4