神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

群青戦記 グンジョーセンキ 第2巻

群青戦記 グンジョーセンキ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

・タイトル

群青戦記 グンジョーセンキ 第2巻

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
団体戦
・連合部隊
・記憶の中の救世主
・的はいつも前に
・カナブン
・一矢酬いる
・図書室の英雄
・女戦士
・マゾスティック守衛
・じゃあね
・順応の矢

・感想
福島さん!
好敵手見つけてたぎってらっしゃる!

歴史上、秀吉と蜂須賀を倒せないというなら福島もそうだよなぁ~?
てか、腕失って出世していく福島さんの物語見たい。

大切な人を守るために順応した西野くんは明らかに目付き変わったからもう4軍とかバカにされることはないんじゃないかな!


関連商品

検索で引っかかったおまけ

四月は君の嘘 第1巻

四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

四月は君の嘘 第1巻

・点数 100点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐☆☆☆

・本の概要
・モノトーン
・ヴァイオリニストの恋
・黒猫
・カラフル

・感想
音楽漫画なのに冒頭から主人公がピアノ弾けなくなるとか、女子ソフト部のホームランボールを頭部に受けて死にかけるギャグみたいな展開を見せるところが面白いね!

心優しい公生くんと、勝ち気なお転婆ガールの椿ちゃん、チャラチャラしてるけど場を明るくしてくれる渡くん。
3人の関係性好きです。

ピアノは辞めた。あれはバイトで仕方なく。
という主張に真っ向から斬り込めるのは幼馴染みならではかも。

そして、宮園かをりちゃんとの運命の出会い。
仮にこれが仕組まれてようが、偶然だろうが関係ない。
運命の出会いに違いはないのだから。

そして、有馬公生は再び音楽の世界に誘われる。

暴力的で悪魔的、だけど綺麗。
彼女の容姿と性格を表す皮肉は、そのまま彼女の演奏のスタイルを表す。
コンクール向きではない彼女の音楽は果たして誰に向けられているのかな?

エピソードの間で演奏曲の説明は予想してたけど、演奏されてる動画の検索方法載ってるのは丁寧ですね!

渡くんの恋愛論いいですよね、惹かれる子に好きな人がいるのは当たり前、恋をしているからその子は輝いていて、人は理不尽に恋に落ちる。素敵だ。

かをちゃんアクロバティック!(笑)
君が猫みたいじゃないか。

公生くんにとっての光はかをちゃんであり、かをちゃんにとっての光は公生くんという関係性の伴奏ペアよき!

公生・椿の雰囲気も好きなんですけどね!
つまり、今のところ全部好き。

青春してるなぁ~
駆け抜けろ~!!


関連商品とおまけ

群青戦記 グンジョーセンキ 第1巻

群青戦記 グンジョーセンキ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

・タイトル

群青戦記 グンジョーセンキ 第1巻

・点数 88点
ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・放課後の予兆
・校庭の悪虐
・体育館
・豪傑共
・反撃の兆候
・発見と絶望
・登校

・感想
うわ、出た、スクールカースト
それ自体は仕方ないと思う反面、ギリギリ2軍の勘違いした奴が3軍以下を見下すのは気に入らない。

生首が結構リアル……
そうだよなー、足軽だろうが落武者崩れだろうが、現代に来たらそりゃ脅威よな……

蜂須賀さん!!
安土桃山城と猿もヒントですね!
とか盛り上がってる場合ではなく、日常が突然殺戮の場に変わるって怖いですね、戦慄ですよ。
今が戦国時代なら……と耽っていた西野くんもいざとなったら役立たずな訳ですからね……ほんとに3軍だった。

死にたくねえなら順応しろ。
やっぱ1軍は覚悟も違うね、なかなか実行できるもんじゃないもの。

明智さんみたいなイケメン!って思ったら秀吉だった。


関連商品

金剛寺さんは面倒臭い 第6巻

金剛寺さんは面倒臭い(6) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

・タイトル

金剛寺さんは面倒臭い 第6巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆
オリジナリティ⭐⭐⭐☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・SNAKE FEET
・2010年8月28日午前4時29分
・エビフライエフェクト
・Across the Universe
・To Be or Not To Be

・感想
自分で蛇足編って言って始まるの面白いね(笑)

なるほど、作者さんが思う理想の結末は前巻で描ききったけど、連載を続けていいと言われたから自分で蛇足エピソードって言いながら描いたのか!斬新w

さすが金剛さん、エビフライ作るのにも全力だ!

同作者の過去作品とのクロスオーバーも蛇足ならではの演出だね!嫌いじゃないよ!

選択方式(選択しなかったコマは原則見ない旨の趣)も蛇足ならではですね!
こういうの、人気ファンタジー漫画のおまけで見たことある!

ちなみに僕はこのキャラならこうするだろう。をイメージしたのでわりとストレートに出戻らずに読み進められました。
皆さんはどうでしたか?

そして、唐突な小説仕様(笑)

合掌さんカッコよ…これは冗談抜きで。

最後のページ付近の樺山くんはペルソナ4の自分の内なるシャドウを受け入れるシーンを思い出しました。


関連商品

関連商品2(作中で紹介された作品)

検索で引っかかったおまけ

金剛寺さんは面倒臭い 第5巻

金剛寺さんは面倒臭い(5) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

・タイトル

金剛寺さんは面倒臭い 第5巻

・点数 100点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆
オリジナリティ⭐⭐⭐☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・THE SHINING
・スロウライダー
・DRAG ME TO HELL
・KNOKIN'ON HEVEN'S DOAR

・感想
アクエリオンクラスとは言いませんが、転生というか時代を越えて因子で結ばれた者同士が惹かれ合って結ばれる壮大な物語がいつものハイペースでサクッと描かれて現代に繋げてきます。
相変わらずこの技術凄い。

金剛寺父の若い頃の話見たから、あながち鬼相手にも素で勝てそうな気がして怖い(笑)

外で食べるカップ麺は世界一美味しいっていうのと、宇宙の旨いもんを食べ尽くしたビルス様が地球のインスタントラーメンに靡いたの似てるかも?
ほんと美味しいですよね、最近のインスタント食品。

あ、ほんとに四国来てるじゃん?
山と温泉とみかんジュースで安易に判断したけど。
鬼なら是非、鬼北町へ!!なんてね(笑)

徳島ラーメン、鰹(高知)、うどん(香川)に対してみかんジュースじゃパンチ弱いから食で対抗するなら鯛めしじゃない?鯛めし!まあ、蒸すのに時間かかるからこのテンポ重視の作品には似合わんかもやけど。

スロウライダーのまとめ方、独特やけど素敵やん。これって素敵やん。

幼少期樺山くんの話、地味に泣けますよね。

不穏な展開になっていくのに結末がハッピーなことを見せられてるから全く怖くないというセルフでネタバレの活用スタイル。
これ、あんま見たことないけど、もしかして開発者だったり?

死が平等になるってそういうことか!
天国も地獄もない。そこにあるのは平等な死。
罪は生きてる内に裁くべきで、死後はノーサイドでいいんじゃないか?って考えはわりと好きです。

なんかエヴァ最終回みたいになったね(笑)
おめでとうございます!!


関連商品

検索で引っかかったおまけ

銀狼ブラッドボーン 第16巻

銀狼ブラッドボーン(16) (裏少年サンデーコミックス)

・タイトル

銀狼ブラッドボーン 第16巻

・点数 100点+++

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐⭐☆☆

・本の概要
・頂上決戦
・生きるために
・終わり方
・夜明け
また逢う日まで

・感想
なるほど、最強vs最強の戦いは見応えしかないです。

そして、グリムには心底ガッカリしてましたが、またも見直しました。
彼は悪として、敵役としての期待には応えてくれないけど、キャラクターとして嫌わせてもくれない独特の存在ですね(笑)

グリムに最も心を掻き乱され、踏みにじられ、被害を被ったのは間違いなく秋水くんだろう。
別に彼に恨みがあるワケでもないし、狙ってたワケでもないのに……。

これ、ネタバレになっちゃうけど、ラストバトルのハンスvsハンスは熱い。
久々に格好いいと思いました、老ハンス。

そして、やはりファウストさんが一番格好いい。好き。ここは安定。

最終回は1年後のお話。
秋水くん大人になりすぎでは⁉️別人みたい……あの姉弟もだけど、成長って凄いですね👀‼️

生き急ぐいでいると気付かなかったり、感じないかもしれないけど、懐かしむことは贅沢な時間である。
ということは真理であり、メッセージ性だな、って感じました。

限られた生に悔いを残さないように

これもまた、メッセージ性ですね!

そして、

「時間は其方を生かしも殺しもする」
「生きることに飽きるな」
「心の死を恐れよ」

この3つも強いメッセージ性だと感じました。
この時代だからこそかな?

戦いが終わっても壊された街の復興や未来に託す想いはある。
そういう終わり方が当初の予定通りなのか、変わったのかは分かりませんが、最終回を含めたクライマックスの読み終わりの満足感は個人的に高いです。


関連商品

検索で引っかかったおまけ

センゴク天正記 第15巻

センゴク天正記(15) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

センゴク天正記 第15巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ⭐⭐☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・新しき都
・雑賀の選択
・武田の将
・国土防衛戦
信濃の要 高遠城
・最後の砦
・四百五十年
・天目山
・大名の行く道
・天下支配の儀

・感想
孫一さんの選んだ道って格好いいよなぁ~

武田の終わり方もよき。
例え幻影だったと白昼堂々と晒す結果になろうとも格好いいよ。

この民は都合良くて理不尽、当主は何を頼ればいいのか問題はそのまま現在の政治にも当てはめられる気がしますね、総理大臣ってもしもの時は何を頼ればいいの?っていう。

漢としては格好いいが、妹君にとっては確かにとばっちり。
そうか、元来嫁ぐ予定だった人に命を狙われる運命の皮肉を作り出したのは他ならぬ、祖父・父・兄…つまり、武田の男達というわけか。

滅び行く己の一族の運命を悟って尚、継いだ優しき男の顛末って考えたら赦されないでしょうか?
そんなの関係ないのか、降伏ではなく、滅びを選ぶのもまた罪かもしれませんから。

代々受け継がれし、刀なり鎧兜なりで戦国大名の継承は行われる訳ですが、織田家の場合は形ではなく、畏怖で示さねばならぬのか、それは
それは、蕀の道よのう……。

センゴク第二部、天正記は織田が北条を制して終了という形ですか、なるほど。

明智さんの不穏と羽柴さんの悪寒は持ち越しなわけですね?


関連商品

検索で引っかかったおまけ