神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

銀牙-流れ星 銀- 第3巻

銀牙―流れ星 銀― 第3巻

・タイトル

銀牙-流れ星 銀- 第3巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・傷だらけの初勝利!
・赤カブト軍団現る!
・呼び合う魂
・両雄 衝撃の出会い!

・感想
十一歳と一歳のコンビか……文字にされるとより幼く感じますね。

めっちゃ今更だけど、これって東北舞台なんですよね!
訛りすぎてたまに訳がないと読めないぐらいの。

徒党を組み始めた大熊と、熊を喰らう元猟犬の群れ。
ここから本格的に物語が動き出すって感じします。

赤カブトじゃなくても、マダラ?十分威圧感半端ないし、恐怖の絵図描いてるよね、熊の見分けつかんし。

ベンとかスミスとか諸々登場しますが、何より銀が澄んだ瞳で男気見せてくるの格好いい。

やたら威張り散らした司令官のスナイパーと威厳たっぷりの総大将……え、父さん?リキってこと?
そういえば死体は上がってないんだっけ?
ヤッバイ、細かい設定全く覚えてない((( ;゚Д゚)))


関連商品

おまけ