神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

センゴク 第9巻

センゴク(9) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

センゴク 第9巻

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・武田の四将
・退き佐久間
・馬場美濃守信春
甲府出陣
・第一の寄せ
岩村城陥落
・届けたい想い
・次郎三郎の賭け
・小山田平衛尉信茂
・信玄の初手

・感想
実は武田の四将誰も知らないという。
無双もBASARAも時代違いの家臣である幸村がメインだったからなぁ~

部署が変われば上司の考え方も変わる。
これは現在にも通ずる話だなぁ~

相手を信用するかではなく、そこに張った自分を信じるか……格好いいですね、家康さん。

信長さんの年下の叔母のお艶の方さんの覚悟も格好いいなぁ~
でもやっぱり女性ではあるんだなぁ~
信長さんにとっての鍵であることは間違いない。

籐吉郎さんは仙石さんの為にわざわざ来たんだろうなぁ~
その想いに泣けてきます。

この作品の忠勝さんは軽いとこあるけど、甲冑着たらイメージ通りの威厳や尊厳があるように見えるから凄い。

三方ヶ原の戦いの開幕…緊張する。


検索で引っかかったおまけ