神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

ブラックアウト 第1巻

ブラックアウト (1)

・タイトル

ブラックアウト 第1巻

・著者情報
前川かずお(まえかわ かずお)
出身地 愛知県
職業 漫画家

1996年、講談社開催の第34回ちばてつや賞において「そんなボクらの告白」がヤング部門に入選。
ヤングマガジン増刊エグザクタ』にて『闘技創世紀伝 DEI48』でデビュー。

前川☆工房」の名義でも作品を発表している。

・点数 76点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・Boyhood's END
・Do PLAYERS Dream of Electric Comfort?
Hurts My HEART
・SOMEONE Wicked This Way Comes
・No WAY Back
・Give me RELEASE or give me Death
・The Left HANDCUFF of Darkness
・G is GAME
・A GIFT from Organizer
・The MOON is a Harsh Paramour
・Twilight of the CRIMINALS
PEACH's Cradle
・The ENDLESS War Game

・感想
冒頭から死人が出るとは穏やかじゃないな!

マンネリ化した日常に飽き飽きして刺激を求める青年……本当にどこにでもいそうな平凡な子だ。

だがしかし!この手の作品で非日常を求めればそれはフラグですよ、夜中に謎の宅配物が届くのも頷けますよ!

得体の知れないゲームを説明書読まずに起動するなんて……なんというチャレンジャー。

もしもGAME OVERになってもリプレイすればいいとか甘えた考えは好きじゃないので渋谷くんは苦手なタイプかもしれません。

沖田総司という名前よりもレベル2458に笑った。
MAX何レベなんだ?

冒頭の若年孤独死はゲーム内での死ってのは想定内だけど、まさか現実世界に帰れば48時間以内に2人をゲームに招待しなければ死ぬとは予想してなかったですね……なるほど、だから孤独死か。

友達は巻き込みたくないけど死にたくはないから他人なら……とか一瞬でも考えた時点で無理だ、やっぱり。
なんだその中途半端な優しさ。

1万分の1の確率で当たる特殊能力設定は面白いと思いました。

ゲーム内容としてはいくつものクエストやイベントをこなしながらたった1つのメインストーリーを見つけ出し、クリア方法を探してエンディングに辿り着くことが目的……と。

少しでも間違えば死に繋がる高難度のクエストで好奇心で勝手にきびだんごを食べるのはギルティだと思うけど、彼女の能力はフードガン、飲食したものを弾丸に出来るのできびだんごが鬼を倒すアイテムだとしても問題はないのかな?

ブラックアウト (1)

ブラックアウト (1)