神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

キングダムハーツ チェイン オブ メモリーズ

キングダムハーツ チェインオブ メモリーズ コミック 全2巻 完結セット

・タイトル

キングダムハーツ チェイン オブ メモリー

・本の概要

ソラ、ドナルド、グーフィーの新たな冒険が始まる!
今度の舞台は、進むほどに記憶が失われていくという"忘却の城"。城の中で彼らが見たものは?

・著者情報

天野 シロ

生年月日 1976年1月4日
職業 漫画家・イラストレータ
受賞歴
第41回赤塚賞準入選

『猛暑'94』で第41回赤塚賞準入選。
主にゲームコミカライズを手がけており、姫川明と並んで人気が高い。
2006年、初のオリジナル作品集『SCRATCH!』発売。

聖剣伝説 LEGEND OF MANA』、『キングダム ハーツ』がスクウェア作品だった時代は『ファミ通』の姉妹誌『月刊ファミ通Bros.』等に連載していたが、スクウェア・エニックスに合併後は『月刊少年ガンガン』に移行。

過去のゲームコミカライズ作品の多くは絶版。『キングダムハーツ』(1作目)はスクウェア・エニックスから新装版が発売され、3巻に描き下ろしが加わった。
判型A5判からB6判に変更され、カラーページは減少している。

・点数 100点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
キャラクター☆☆☆☆☆
設定☆☆☆☆☆
没入感☆☆☆☆☆

・感想
元々がソラの記憶を奪い、捏造した偽の記憶を植え付けるという本編とは毛色の異なるストーリーと、謎の黒い服
キングダムハーツ 13機関コート コスチューム
を着た集団が敵という展開に心を躍らせた中学生時代があり、Ⅱにも直接繋がる構成で、好きなストーリー展開でしたが、Ⅲが出たことにより、より深みが増しました。
全てのキングダムハーツは繋がっていた!と改めて感じられたので、手軽に話を追いたい方にも比較的オススメです。

相変わらず可愛い絵柄なのですが、作品の都合上、進めば忘れる特性を持ち、やや幼く描かれたソラがいい感じであり、原作のCG絵と比べて日本風の幼い雰囲気に落とし込まれたナミネの可愛さがナイスでした。

今回も巻数は少ないのですが、TVゲーム(PS2)の作品を3(4)巻に無理やり纏めた前作とは異なり、携帯ゲーム(GBA)のコミカライズなので、無理なくきちんと再現されています。
中でもキャラクターはゲームシリーズの中でもかなり人気のあるキャラクターが登場するので、期待を込めて見ていましたが、見事に期待に応えてくれました!

元々好きな作品のコミカライズ且つ、かつて好きだったキャラとの再会、懐かしさ、繋がっていたことへの感動、諸々を含めて、個人的には文句無しの満点評価です。


以下、商品リンクを挟んで、若干内容に触れて個人的に感じた感想を書いています。
多少のネタバレも嫌な方はご注意下さい。



前作で読みづらさを指摘した部分が直って読みやすさが増しました。
このことを最初に申し上げさせていただきます。

原作の内容自体が前作であるキングダムハーツの焼き回し+Ⅱへの伏線(改めて見るとⅢへの大きな伏線)だったので、キングダムハーツ1.5と言っても過言ではない。
というのがキングダムハーツ チェイン オブ メモリーズ(ゲーム、コミカライズ)の共通認識です。

本編の内容に関しましてはネタバレになる恐れがあるのであまり触れないでおこうと思います。
アクセルを含むⅩⅢ機関の初登場作品ということ、本編以上に表情豊かに描かれるヴィクセンという2点だけ押さえておいていただければと思います。

そして、チェイン オブ メモリーズ以降の作品でちょっとした鍵となるプチヒロイン的存在のナミネも初登場ですが、(絵柄も相まって)原作以上に可愛いです。

後は、リクのソラに対する友情が熱い!

欠点は相変わらずの戦闘描写のあっさり感と、巻数の少なさの影響か大幅カットされたリクルートです。リク、ルートです。

逆に言えば、テンポ良く進むので読みやすい作品でした。

記憶がぐちゃぐちゃにされながらも絆を重んじるソラはブレないのでさすがだなって改めて思いました。


コミック

電子書籍(まとめ買い)

関連商品

おまけ

おまけ2

おまけ3

おまけ4

おまけ5