神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

BLOODY MONDAY 第10巻

BLOODY MONDAY(10) (講談社コミックス)

・タイトル

BLOODY MONDAY 第10巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・導師『K』
・Kの本性
・難攻不落の手掛かり
・残された時間
・目には目を
・Road to hell
・悲鳴
・死して猶
・凶弾

・感想
表紙がね?(笑)

Jとミハエルくん尊い……あ、いや、何でもないです。

そしてついに辿り着いたBLOODY MONDAYの真の意味。

目には目を。悪には悪を。あ、これじゃコードブレイカーだ(笑)
ハッカーにはハッカーを。ってことですね!

自分はあくまで正義のハッカーだという自負のせいか、関係のない人を巻き込むやり方のハッカーにキレる藤丸くんですが、高演算のスパコン代わりに他人のPCを使って並列処理型の同機能を誇るシステムを作るときに自作のウイルスばらまいてたと思うから君のやり方も大なり小なり何も知らない一般市民を巻き込んでると言えなくもないんだぜ?
っていうツッコミはいれたいけど、彼の正義感そのものは本物だと思うから本気で気付いてないんだろうなぁ~

新キャラのロシアのエージェントがいいキャラしてるんだよなぁ~
画力がここ(サーシャの表情)に集中してる気がします。

アンコに煽られてあおいちゃんの恋愛話になったときの遥ちゃんの目と必死に弁明しようとするあおいちゃんの姿はわりと好きでした。
遥ちゃんの立場上まあ、そうなるよね(笑)

あおいちゃんは強いって言っても学生空手チャンピオンレベルなのに丸腰で銃を持ったプロに突っ込んで行くのやっぱ頭おかしいよね(笑)

本編と4コマの落差が秀逸。


コミック

BLOODY MONDAY(10) (講談社コミックス)

BLOODY MONDAY(10) (講談社コミックス)

  • 作者:恵 広史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/17
  • メディア: コミック
電子書籍