神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

シュガー 第1巻

シュガー 1 (アッパーズKC)

タイトル

シュガー 第1巻

・著者情報

新井英樹(あらい ひでき)
生年月日 1963年9月15日
出身地 神奈川県
明治大学卒業

漫画家を目指すために文具会社を退職し、作品の投稿を始める。
ちばてつや賞入選などを経て、1989年に『8月の光』がアフタヌーン四季賞夏のコンテストにおいて四季大賞を受賞しデビュー。
デビュー当初は非常にソフトで柔らかいタッチだったが、後に反社会的な表現を多用する現在の特徴的な作風になった。

第38回(1992年) 小学館漫画賞青年一般部門受賞『宮本から君へ』


ゼロ成長論を提言した経済学者の下村治の「経済成長よりも完全雇用がそれに先立つ」という考え方を素晴らしいと思ったと語っている。

・点数 60点

ストーリー☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆
熱中度☆☆

・本の概要
・初めまして
・ま、いんでないかい
・欣二さんです
・スローハンドと呼ばれたそうッス
・発射後、汚れなき頃の話でも1つ
・″特訓″レイラの穴……ゆるくねー
・ちょっといいかも

・感想

サブタイトルのセンスね、一応ボクシング漫画のはずです?

高校の卒業を待たずに板前修行の為に上京する少年、石川凛が主人公です。
地元のダンスチームに所属していたようでかなり独特のテンションをしています。
第一印象としてはかなり苦手な人種です。

凜が地元の有名人だからなのか……他校生がいきなり全校朝会に乗り込んで来たわりには結構welcomeムードな展開で自由だなーって感じしました。

「したっけ」と「別の話」が多すぎて若干読みづらいし、内容も読みづらい(笑)

ボクサーとしての天性の素質。
間を制すどころか間を奪って合がないというスタイル。
この辺の設定はいいですよね🙆
距離とタイミングを相手から略奪出きるのは面白い。

そして、ボクシングのシビアさが分かりますね……


コミック

シュガー 1 (アッパーズKC)

シュガー 1 (アッパーズKC)

電子書籍
シュガー 1

シュガー 1