神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

RIN 第4巻

RIN(4) <完> (ヤンマガKCスペシャル)

・タイトル

RIN 第4巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・微熱!レッツ温暖化!
・ここで過ごす喜び ここで暮らす歓び そこには笑顔が‼
・合体‼凹凸乱舞
・0と∞の間
・THE MOST ELEGANT OF CHAMPIONS

・感想
ダメージを負ってなおこの動き……凛えげつない。

凛の煽り方ね (笑)さすがだわ。

試合は圧巻の迫力なのですが、天才の孤独感と疾走感を描いた心理描写もなかなか深かったですね。

多くを語らないことこそがこの作品の魅力なんだと思います。
ただ、凛と中尾会長の関係性はほんとに好きでした。人柄とか関係なくね(笑)

最終巻は圧巻でした。


コミック

RIN(4) <完> (ヤンマガKCスペシャル)

RIN(4) <完> (ヤンマガKCスペシャル)

電子書籍
RIN 4

RIN 4