神黎の図書館

ゲーマーでもある僕が読んだ本について思ったことを書くブログです。

エリアの騎士 第40巻

エリアの騎士(40) (講談社コミックス)

・タイトル

エリアの騎士 第40巻

・本の概要
・高校選抜
・皇帝(カイザー)
・開幕戦

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
大きく分ければ3つのエピソードに分けられます。
高校選抜組の決勝、ドイツ相手に善戦します。
元のチームがバラバラで、下の名前で呼び合う間柄ではないってのが妙にリアルでした(笑)
そして決定機となるFKを誰が蹴るかというその場面、現れのは……荒木さん。
仲間の応援にサプライズで駆け付けたのです。

ちゃっかり者の荒木さんは五輪代表メンバーでドイツの1部リーグで活躍する先輩を訪ね、口利きをしてもらい、紅白戦に出ることに。
そこで傑が同世代で唯一1度も抜けなかったというドイツの若き皇帝と出会います。

駆のほうはいよいよ開幕戦、ここまでFWとしての結果を出していないので、解説に酷評されるのは当然ですね、落ち着いて、舞依ちゃん(笑)

ところで、ギャラが発生しない代わりにプロとして出場しながら高校の部活も続けられる特別指定枠ですが、今のところ両立させれてないんですけど、大丈夫かな…?
せっかくの設定は活かして欲しいので期待してます。


コミック

電子書籍