神黎の書評という名の読書感想文

ゲーマーでもある僕が読んだ本について書くブログです。

ワンピース 第30巻

・タイトル

ワンピース 第30巻

ONE PIECE 30 (ジャンプコミックス)

・点数

総合得点96点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

著者情報
尾田栄一郎

油絵が趣味だったお父様の影響で幼い頃から絵を描いていたそうです。

本格的にマンガを描き始めたのは中学年生の頃で、『小さなバイキングビッケ』という作品の影響で海賊を好きになったそうです。(アニメ版の小さなバイキングビッケが放送された同局の同時間帯で後にアニメ版ワンピースが放送開始されました)

中学生時代に、『ジャンプに海賊のマンガを描くこと』を目標に掲げてアイデアを貯めていたそうです。

受賞歴
1992年 WANTED! 第44回手塚賞準入選

1993年 一鬼夜行 第104回ホップ☆ステップ賞入選

ONE PEACEの受賞歴
2000年 第4回手塚治虫文化賞最終選考6位
2002年 第6回手塚治虫文化賞最終選考6位
2006年 日本のメディア芸術100選 マンガ部門選出
2012年 第41回日本漫画家協会賞大賞受賞

2018年 熊本県民栄誉賞


本の概要
・全滅?
・ルフィvsエネル
・絶体絶命
・男の覚悟


・感想
エネルの圧倒的強さの前に倒れたワイパーとゾロ。
最後に残ったナミは生き残る為に咄嗟にエネルに着いていくと言い、エネルと共に方舟に向かい、黄金の鐘を取りに行きます。


一方、ようやく大蛇から出られたルフィとアイサはボロボロになった仲間達を見付けます。
そこでかろうじて意識を取り戻したロビンにエネルの目的を聞き、ナミの救出も兼ねて急いでエネルの元へ向かいます。


コニスは身を張って犯罪者呼ばわりされたり、石を投げられたりしながらも空島が落ちることを住民に知らせ、逃げるよう勧告します。
可愛いだけじゃなくて勇敢だ。健気で儚くて麗しい……ってサンジくんなら言うのかな?


そしてとうとうルフィとエネルのご対面!

『何やってんだお前……俺の仲間によ』

『?どのゴミのことかな』

エネルのこういうとこ好きだわww
天然と言えば天然
ところでエネルさん耳たぶめっちゃ長くない?←今更


雷が効かない?ゴムだから!!!!
伝家の宝刀来ましたね!!


とうとう動き出す方舟。
焦るナミ。
そんなナミを前にルフィは言います。

『ガタガタ騒ぐな!!』

このセリフだけ見るとルフィとは思えないぐらい荒いですねぇ……

『未来の海賊王の仲間がよ……情けねェ顔するんじゃねェ!!!』

これはちょっと寒いかなー、というかクルーとはいえ強要するの良くないよね!

『カイゾク王?そいつはどこの王様なんだ……?』

興味あるのか、ゴッド!?

『世界の偉大な海の王だ!!!!』

ふむ……そういえば僕もいまだに海賊王の概念分かってないです。

ひとつなぎの財宝(ワンピース)を手に入れたら海賊王なのか、グランドライン、新 世界を制覇したら海賊王なのか……はたまた海賊の中で最も強い者が海賊王なのか……結末に直結する難しい問題ですよね!

だからゴッドも気になったのか!さすがだぜ!

『ご立派だな……決着をつけようじゃあないか……この空で!!!』

ゴッドの返しはこれ。相手にとって不足なし感出してるのは気のせい?

ボーッとすることで心綱を防いで反射神経だけでエネルの攻撃を避けたり、船を利用して跳弾でエネルに攻撃を当てたり、相変わらず戦闘センス抜群のルフィ。

天敵相手に無理に戦わないという選択肢が選べるのも強さだと思います!

ナミの絶体絶命のピンチを救ってくれたのはウソップでした。
サンジがまだ来てないことを知って、逆にナミに助けてって言うところはウソップらしい(笑)

そして2人の絶体絶命のピンチを救ったのはサンジ。
男の覚悟』これはキーワードですよね。
なるほど、ここからああいうパスに繋がってたのか……

サンジの決死の覚悟が実ってナミは無事に脱出し、サンジも瀕死ながらウソップに助けられルフィ以外の一味は無事に集結します。

ルフィは蔦を登ってエネルの元へ……グラバトの黄金ライフルのあれだ!!

・まとめ
扉絵のエースがなんか楽しそうw海軍に潜入とかしてたんですね!

本編としてはほとんどがルフィとエネル関連の内容です。
結構見応えはあると思います。

コミック

ONE PIECE 30 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 30 (ジャンプコミックス)

モノクロ版
ONE PIECE モノクロ版 30 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ONE PIECE モノクロ版 30 (ジャンプコミックスDIGITAL)

カラー版