神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ONE OUTS 第3巻

ONE OUTS 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

・タイトル

ONE OUTS 第3巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ⭐☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・決別
・条件
・敬遠
・直球
・攻略
・表裏
・異変
・包帯
・陰謀

・感想
年俸4億2000万のルーキー強い(笑)
そして、東亜さんの言葉に刺激を受け、改心して夢を追う男が1人。

なるほど、これが予告されていたリカオンズ改革の始まりというわけですね?

最強のマリナーズは打のチーム。
平均得点が6点越えもさることながら主軸3人が揃って打率4割台とか鬼過ぎる……

契約をねじ曲げた時点で予想はしてたけど、最強打線相手にレート吊り上げて中1日での3戦連続先発させるオーナーのクズっぷりは逆に清々しくて怒りは沸かんな。

なんか反渡久地勢力にノムさんそっくりな人いるんだけどw
この人だけ名前・年齢・職業不明になってるからこの世界のノムさんかな?

データは過去のものだから見ても無駄。
今日戦うのは今日のマリナーズという考え方好きです。

で、完全に相手を舐めきってるマリナーズが渡久地東亜と戦うのは見ものですね!

マリナーズの5番、天才打者の高見さん……打率.441に打点王、更には本塁打も2位の化け物みたいな選手だけど、本当に厄介なのは並外れた動体視力と一合介しただけで渡久地東亜の凄さを見抜く目ですね。

見抜けるということは対策も立てられるかもしれません。

ONE OUTSと野球の違いは確かにある。
ただし、東亜さんの心理を突くスタイルは野球にも有効…と。

そもそも論として、このオーナーって見てる限りでは商売の才能があるとは思えんし、仮に目先の利益得たところで……だろうけど、大金手にして隠居するならその陰謀もまあ、有りなのかな?知らんけど。


検索で引っかかったおまけ

[asin:B007JYZ7T4:detail]
[asin:B06X6BCGC1:detail]