神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

(漫画版)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか コミック 1-10巻 セット


・タイトル

(漫画版)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

・著者情報

九二枝(くにえだ)

職業 漫画・イラストレータ

・本の概要
『ダンジョン』の奥に名誉と富を求め、死と隣り合わせの探索に挑む冒険者達が集う迷宮都市オラリオ。
一人の冒険者志望の少年は、この街で小さな神様に出会った。
少年は、挫折を知り、恐怖を乗り越え、そして英雄になれるのか――。
GA文庫の大人気ラノベをアツくコミカライズ化‼

・点数 84点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ🌟🌟☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・感想
大森藤ノさんのアニメ化、ゲーム化がされている同名の人気ラノベのコミカライズ版です。
現在は10巻まで止まっているっぽいのでいい感じのところで終了って感じるのは否めません。
ちなみにアニメの1期、原作ラノベの5巻までに相当します。

コミカライズ版なのでストーリーの魅せ方云々ではなく、画による魅せ方、迫力、躍動感を中心に採点しました。

当ブログ内の単巻レビューの平均点と比べてやや低めなのは熱中度の部分ですね、単巻レビューは推しキャラの活躍で自分のテンションが上がることで熱中度がブーストされた結果です。
推しキャラが画として生き生きと動いて活躍するとにやける的なアレです。

逆に言うと、アニメ見たことがあるならば初見としての旨みは特にないです。
現状だとここの続きを見るにはアニメか原作見なければならないので、そこで連載ストップされるとちょっと……的なところは正直あります。

とはいえ、コミカライズ部分に関してはなかなかいい出来だと思います。
不完全燃焼でも気にしないよ!って方にオススメです。

内容としましては、英雄願望を持ったリトルルーキーが1つのトラウマを完全克服し、1つ上のステップに上がったのも束の間、更なる強豪?の神々が率いる神々が出て来て、これからどうなる⁉なところで終了な感じです。

主人公のベルくんを中心としたベルくんに好意的な所謂仲間的なキャラクター達との関係性は十分分かる内容ではあります。


コミック

電子書籍

こちらもオススメ