神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

神様はじめました 第20巻

神様はじめました 20 (花とゆめCOMICS)

・タイトル

神様はじめました 第20巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 72点

ストーリー☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・変化

・感想
好奇心か探究心か知らないけど、非現実に足を踏み入れるなら相応の覚悟が必要……と。

完璧な神使である巴衛の唯一のトラウマ、巫女による門前払い。
そして改めて人間の寿命というものを知ることになる。それを感じた巴衛は……

人間になりたがる巴衛。
その方法があることを知れば……
奈々生さんと巴衛は両想いのくせに案外カップルとしての会話してないからそうなるんじゃない?知らんけど。

とりあえず妖怪と人間の恋は禁忌だって言われてるのに踏み切った以上は奈々生さんも覚悟はするべきだと思うんですよね……
そういう意味でもやっぱりこの子嫌い。

またかよ……また君は話をろくに聞かずに自分の中の狭い了見で決め付けで判断をする……責めるのであればせめて向き合ってからにしてくれ。

奈々生が一番巴衛を信じてない疑惑。
自分の理想でいてほしいってだけでしょ、その考え方。


コミック

神様はじめました 20 (花とゆめCOMICS)

神様はじめました 20 (花とゆめCOMICS)

電子書籍