神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

裁判長!ここは懲役4年でどうすか ぼくに死刑と言えるのか

裁判長! ここは懲役4年でどうすか~ぼくに死刑といえるのか~

・タイトル

裁判長!ここは懲役4年でどうすか ぼくに死刑と言えるのか

・本の概要
TVドラマ化、映画化、舞台化もされた裁判長!ここは~シリーズの2作目。
中には性犯罪の裁判員裁判が全員女性という衝撃の裁判も。

・著者情報

松橋犬輔(まつはし いぬすけ)
出身地 神奈川県横浜市
職業 漫画家・イラストレータ
活動期間 2007年~

ジャンル 少年漫画
代表作
裁判長!ここは懲役4年でどうすか

・点数 72点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆


・感想
傍聴歴が5年になり、脱サラして傍聴作家として生きていく決意をしたキタオさんの傍聴記録漫画ですね。

前作との違いはズバリ裁判員裁判
約10年前の裁判員制度が始まったタイミングの漫画です。

前作よりより深みが増しましたが、決めつけたような偏った見方で進める構成は相変わらずでした。

とはいえ、全2巻にまとまったので前作のレビューを読んで気になった方の中で巻数が気になる方にはこちらのほうをオススメします。


コミック

電子書籍