神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編 (ガンガンコミックスJOKER)

・タイトル

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編

・本の概要
昭和58年夏、運命に打ち勝った古手梨花は、理想の世界を仲間達と満喫していた。
しかし、不慮の事故により、またしても違うカケラ(世界線)に飛ばされてしまう。
その世界は鷹野と入江がいない代わりに悟志が存在する梨花が体験したことのない世界だった。元の世界とこちらの世界、梨花が選ぶ望んだ未来とは……
古手梨花の長い旅路の意味を問い直す痛切なるひぐらしのなく頃にアフターストーリー。

・著者情報

鈴羅木かりん(すずらぎ かりん)
誕生日8月3日
出身地 愛知県
職業 漫画家、イラストレータ

主にスクウェア・エニックス宙出版のコンピュータゲームを題材にしたアンソロジー集に執筆している。
ガンガンパワード』及び『月刊ガンガンJOKER』で「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」、「罪滅し編」、「祭囃し編」、「賽殺し編」の4編を連載。

主な作品
漫画
ひぐらしのなく頃に(上記4作品)
ワイルドアームズXF
スーパーダンガンロンパ2 七海千秋のさよなら絶望大冒険
青鬼 元始編

小説挿絵
ひぐらしのなく頃に(下記3作品)
『やめないで知恵先生』
『嘘塗し編』
北極星をつかむ』
青鬼(複数作品)

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・感想

フレデリカさんの今回の詩は人間の業の深さを表してるのかな?ないものねだりの種族が全員が満足する喜ぶ物ってなんだろう?

本編終了後の世界ということで……
いや、何やってんだお前。ほんと学習能力低いな⁉って言いたくなりますね、はい。

いやほんとさ……もはや元凶コイツだったんじゃね?ってぐらい性格悪くなってない?
みんなが幸せならそれでいいんじゃないの?疎外感は感じるかもしれないけど、そもそも君が調子に乗って自滅した結果なんだからいっそのこと自分の知らない世界で生きればいいのに。
もはや親のことすらゲームの駒みたいに思ってそうなところが気に入らない。

人任せのくせに文句だけは一人前みたいな性格直ればいいんだけどなー
と思うところから僕にとってのひぐらし礼は始まります。
とまあ、不満点は最初に吐き出したのでここからは冷静に見ていきましょう。

この作品の特徴としてはかつての世界でドン底だった登場人物のほぼ全てが順風満帆な家庭環境に身を置き、事件も特になく、ダム抗争は起きずに雛見沢は1年後にはダムの底に沈むという世界です。

それ故にオヤシロ様への信仰は特になく、部活もなく、圭一がいない。
レナは礼奈と名乗り、義父と沙都子の関係が良好な為、悟史も失踪はしていない、更に沙都子は梨花ちゃんを心底嫌っていて「あの口調」ではない。そして羽入が合流出来ない世界です。

ふむ……自分が元いた世界ではないとしてもパラレルワールドならそれは偽りの世界ではないのではなかろうか……いや、分からないけれども。

同じ人間でも育つ環境が変われば性格が変わるってのは深いですよね、実際それが真理でもあるのだと思います。

フレデリカ・ベルンカステルについてわりと分かります。
古手梨花との違いとか。
その中で前段の育った環境で性格が変わることというのが活きてきます。
そう繋がるのかー!疑問も解消されてスッキリ。

足りなかったものを得て、本当に成長出来そうだった最中に究極の選択……これはキツい。

羽入の一人称が「私」だと太古の昔から存在する神として、「僕」だと古手梨花の友人としての意見……ということなんですかね?
何となくそんな気がしました。

誰も罪を背負っていない真っ白な世界と罪を乗り越え、強くなった仲間と同じく罪の意識を持って生きていく世界……か。

確かにね、どちらかの世界を選ぶというのは人が担うには重すぎると思う。
一度きりの人生だからこそ必死にもがいて掴み取るべき。
というメッセージ性を強く感じました。

僕自身、この作品を読んだことで学んだことも多かったです。
何だか哲学を感じるひぐらしでした。

当たり前のようにタイムリープを繰り返した梨花ちゃんに対して、そしてタイムリープに憧れを持つ読者に正面から真理をぶつけて考えさせられる内容でもありました。

羽入にとっての贖罪と神としての役割を果たすという意味でもいい後日談でした。


コミック

電子書籍小説版
ひぐらしのなく頃に礼 ~賽殺し編~ (講談社BOX)

ひぐらしのなく頃に礼 ~賽殺し編~ (講談社BOX)

ガイドブック
ひぐらしのなく頃に礼 公式ガイドブック

ひぐらしのなく頃に礼 公式ガイドブック