神黎の図書館

ゲーマーでもある僕が読んだ本について思ったことを書くブログです。

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編

[まとめ買い] ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編(デジタル版Gファンタジーコミックス)

・タイトル

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編

・本の概要
ひぐらしのなく頃にシリーズの7話目(解の第3話)にあたるエピソードです。
原作におけるサブタイトルは「~最期の真実~」

ミステリアスな雰囲気が漂う古手梨花をヒロインに、梨花ちゃん視点で圭一くんの奮闘、自身の希望と絶望を描く物語です。
連続怪奇事件の全容がついに明らかに!

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆

・感想
梨花ちゃんの感情がダイレクトに伝わるので画力は最高点です。
決して羽入が出たことによる贔屓では……
正直ちょっとあります。人間だもの。

ここに至るまでの6話全てに繋がるところも特徴ですね、梨花ちゃんメインなので。

この世界は梨花ちゃんにとっての理想郷のようなもので、仲間が疑心暗鬼に陥らない、お互いがお互いの為に全力で獅子奮迅する世界でした。
圭一くんの登場曲をガオガイガーにしても違和感ないかな……多分ね?

圭一が「ルールX」を打ち破ったことで今までにない新たな道が拓け、奇跡を起こす為の戦い方が分かります。
そして、黒幕の正体や祟りの真実が明かされます。


さて、『あなたの番です』との照らし合わせの時間です。

共通点は登場人物の「幸せな時間」を見せられた後に訪れる登場人物の「絶望」、
敵か味方か分からない刑事と協力関係になり、刑事が黒幕の正体を突き止めた後に殺される。
この2点ですね。

神谷さんは単独操作で迷宮入りしそうな未解決事件を一歩手前まで辿り着く隠れた敏腕刑事だったので惜しい人を亡くしましたよね……

照らし合わせて出てきた新たな可能性についてですが、黒幕は個人的な理由(動機)で事件を裏で操ってるとしても、黒幕から指示を受けて行動している別動隊(実行犯)がいる可能性ですね。

可能性というか実際それっぽいのいますよね、配達員とか。
仮に山狗としましょうか。
従順な僕なのか、黒幕を利用しようとしてるのか、守りたいのか、面白半分なのか……そこら辺も見所になってきそうですよね!なんとなく。

さあ、反撃の狼煙は上げられました。
彼等はどう動く?どう立ち回れば迷宮から抜け出せる?

ただ物語として見るもよし、自分もその世界の住人のように考えるもよし。
楽しみ方は貴方次第です!


コミック

電子書籍小説
ひぐらしのなく頃に解 第三話 皆殺し編(上) (星海社文庫)

ひぐらしのなく頃に解 第三話 皆殺し編(上) (星海社文庫)

ひぐらしのなく頃に解 第三話 皆殺し編(下) (星海社文庫)

ひぐらしのなく頃に解 第三話 皆殺し編(下) (星海社文庫)

ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編~(上) (講談社BOX)

ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編~(上) (講談社BOX)

ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編(下) (講談社BOX)

ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編(下) (講談社BOX)