神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

フルーツバスケット 第3巻

愛蔵版 フルーツバスケット 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)

・タイトル

フルーツバスケット 第3巻(愛蔵版)

・本の概要
・はとりの休日
・無口な杞紗ちゃん
・恐怖の花島家⁉
・帰って来た師匠
・本当の姿
・それぞれの想い
・兄弟の歩み寄り?
・コスプレ

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・感想
見所満載の第3巻。

はとりさんの油断する姿というか無防備な姿というか……貴重な寝顔が拝めます。
これは必見❗❗

新たな十二支の杞紗ちゃん登場回!
なのですが……諸事情で心を閉ざし、言葉を喋れない状態での登場でした。
それでも可愛い。
ロリコン言うな!!いや、杞紗ちゃんはマジで可愛いから。作中1、2を争う美人設定を年少キャラに持ってくる作者のセンス……恐るべし。

花島姉弟怖いww
黒魔術系一家かよ……
ところで、ゆきのファングラブの1年代表の子、普通に可愛くないです?
夾くんファンクラブに変えて僕と語り合わない?←黙れ

そして、夾くん達の師匠が帰って来たことを皮切りに、居候チームの物語は動き出す……

師匠、紫呉さん、楽羅は元々知っていて、夾くんがひたすら隠そうとしていた『彼の正体』、十二支として異質な猫憑きの呪い、一族からも忌み嫌われる理由が明らかに。

(昔の)アニメで見ていたので知ってはいましたが、初見だとなかなかの衝撃ですよね……
そして、知っていてもやはり辛い。悲しい。夾くん、そんなものを抱えて君は……
師匠や透くんの温かさは素直に感動しました。
是非、読んでもらいたい部分です。

兄弟の歩み寄りと言えば?
そう、綾女さんの登場です!
あえて内容伏せますが、この人相変わらず面白いなwwっていう(笑)

全体的に振り幅が広い。感受性豊かな方は読みながら感情が大変なことになるかもなのでお時間のあるときに手に取ってみることをオススメします!


コミック

電子書籍(単行本なので収録話数や巻数が若干子となります。)
モノクロ版
4巻

カラー版