神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

フルーツバスケット 第12巻

愛蔵版 フルーツバスケット 12 (花とゆめCOMICSスペシャル)

・タイトル

フルーツバスケット(愛蔵版) 第12巻

・本の概要
・自由
・進路
・それぞれの明日へ

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
うん……いや、いいことなんですけど、急に甘ったるくなったなww

でも甘ったるいだけじゃなくて、それなりの切なさも兼ね備えてるのがフルバらしい。

今日子さんの「許さない」の意味が読者にのみ明かされます。

そこも悲しい気持ちになりますし、運転手のほうも意識がないというのも悲しくなります。

でも一番切なくなるのはやっぱり十二支の運命かな……
猫使いと評されていた夾くん。
解放された時点で覚悟はしてましたが(紅野さんの件からして)……猫と目が合ってもそっぽ向かれてしまう。
後遺症みたいなもんなんですかね?

十二支と夾くんと慊人さん、それぞれが幸せそうな未来を歩けそうでよかったなー、いいエンディングだなー。
って思う反面、

結局ユキは真知に伝えなかったのかが気になります。
うーん……まあ、真知が幸せならそれでいいんですけどね!

十二支と言えば紅葉、お前は許さない(笑)
楽羅はほんとに幸せになってほしい……一番いい子な気がします。

透くんと夾くん、透くんとユキ、夾くんとユキ……の物語、関係性としては本当に綺麗にまとまって素敵なお話でした。


コミック

電子書籍