神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

東京闇虫 第5巻

東京闇虫 5―人生で最も選びたくないシナリオ (ジェッツコミックス)

・タイトル

東京闇虫 第5巻

・本の概要
・国男ハウス
・新たな相棒
・計画

・点数 60点

ストーリー☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆

・感想
国男ハウスっていう更生施設に入れられた加藤。
そこは表向きは愛を謳っていても規則も厳しく、しくじれば命はない。という場所…というふうに僕は捉えました。
見るからに胡散臭い。
逃亡防止も兼ねて連帯責任の2人1組制なのはよく出来ていると思いました。

この巻で早くも2つのチームによる計画がそれぞれ秘密裏で動いているのですが……片方はどうでもいいんですよ、見るからにしょうもないオーラが漂ってる人達なので期待はしてません。
でも片方はちょっと気になるというか、ワクワクするというか、「ちょっと面白そう」って期待してます。

ストーリー構図は決して悪くないとは思うんですが、展開が早すぎて微妙な出来に感じてしまったので惜しいなーって思いました。


コミック

電子書籍

関連商品