神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

俺ガイル@comic 第8巻

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic (8) (サンデーGXコミックス)

・タイトル

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic 第8巻

・本の概要
・文化祭フィナーレ
・体育祭準備

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 76点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・感想
これが拗らせぼっちの青春か……なるほどね、意外と好きです。

勝手にいなくなってめんどくさいオーラ全開で全校生徒の文化祭を台無しにするところだった相…なんとかさんはヒッキーの機転で事なきを得ます。

が、代わりに悪役になったヒッキー。
真っ先にキレた葉山くん(前巻参照)や平塚先生の言葉、部活での雪乃、由比ヶ浜さんの反応から見てヒッキーが思ってるより周りに思われてる比企谷八幡
戸塚と材木座もいることだし、本当にそろそろ自分を犠牲にして他人を救うことが誰も傷付けない最前のやり方ではないと自覚するべきかもね、ヒッキーも。

そしてクラスの問題を解決すべく、雪乃が考えた方法は当人のトラウマに対して似たようなことをやらせて克服させ、クラスに流れる負の雰囲気を打ち消すことでした。
荒療治過ぎるというか、俺もう見たくないんだけど、相なんとかさんと愉快な仲間たち……
とまあ、そんな個人的な感情はおいておきましょう。むしろ捨てましょう。フラットに見ないとね!

根本的に何にも変わってないわ、助けてもらっといて敵意剥き出しだわ、周りのこと見れてなさすぎだわ、心弱すぎだわetc.
プライド高くて妬み嫉みも多くて、他人を蹴落とすくせになんだその不様だな、本当に腹の立つ奴だよ、君は。

あ、一応フラットに見てるつもりです。
口の悪さに関しては申し訳ないと思ってますが、前巻のテーマだった「共通の敵」という部分、「狡猾で醜悪」という人間らしい(創作物のキャラっぽくない)部分の双方を兼ね備えて描かれたのがこの『相模南』というキャラクターなのではないかと認識しています。

さて、ここまではネガティブ要素を書きましたが、ここからはポジティブ要素です!

川崎さんに続くダークホースなサブキャラクター、城廻先輩。
前巻からいましたが、一応軽く説明をば。

生徒会所属の先輩であり、陽乃さんの後輩でもあります。
ヒッキーに対する言動からして、「君は最低だね」の一言で喜怒哀楽を表現出来る逸材だと僕は思っています。
この先輩をサブヒロインにしてくれても良かったのに。(つまり気に入った)

そんな城廻先輩や陽乃さん、平塚先生に雪乃と由比ヶ浜さんを加えた即興バンドが場繋ぎをすることで最大のピンチを突破することに繋がるのですが、少しだけヒッキーに見られていたことを知った雪ノ下さんの反応は正直可愛かったです。
由比ヶ浜さん、他の女の子がヒッキーに近いと嫉妬するのはいいけど、もっと近くの子も気にしたほうがいいかもよ?

体育会実行委員会のほうでも一悶着あって立ち回りに困っているときに、ヒッキーに友好的に話しかけて困ったら呼んでくれ的なイケメンオーラ出す葉山さんカッケェ……
あ、クラスが比企谷八幡を敵視してる空気をギリギリのところでなだめてくれてるの葉山くんです。
いやお前らマジで早く友達なれよ!いろいろ事情があって難しいのは分かるけど!
もしくは10年後の親友ポジションでお願いします‼

比企谷兄妹の話もよかったですね!
回想に入れる小町強い(笑)
小町が乱入したせいで回想の制服ヒッキーと小町の横の私服ヒッキーが混在してるややこしい絵になってましたけど、そこも面白かったです!
これはコミカライズ版ならではですよね!

材木座くんと海老名さんの妙案も面白かったし、体育祭のイメージとは違うサブキャラクターにもスポットライト当たって活躍したの良かったです!

サブヒロイン川崎さんも可愛かったですよ!表情豊かになりましたよね!
多分端から見たらヒッキーのこと意識してるのバレんじゃ?いやバレてないのか⁉
あれ、ヒッキーってクラスに意外と味方いるくね?w

もちろん、今回は由比ヶ浜さんも同じ委員会なのでヒッキーとの共同作業をしながら青春を感じるのでした(意味深)

まとめると…@comic 8巻の雪ノ下さんは可愛い。それに尽きますね!!
いや、ほんと油断したら危うく好きになりそうなぐらい……雪乃の表情を描くのめっちゃ上手いと思います。
あと、陽乃さんの小悪魔感も@comicだと好きです。


コミック

電子書籍