神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

修羅の門 第8巻

修羅の門(8) (月刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

修羅の門 第8巻

・点数 80点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・本の概要
・奥義やぶれる‥‥!?
・菩薩のように、修羅のように
・不破圓明流!?
・圓明流の影と闇

・感想
一度見た技は効かないというチートも二人いればチートではない⁉️
同じ条件ならフェアだよね、逆にね?

恐怖が天才を神の域に至らせる。
その表現に菩薩を使うのいいなぁ~

菩薩vs修羅、この表現もよき。
主人公が修羅側なのは置いといて……ね。

精神と技の極限って表現もいいなぁ~

もう1つの圓明流……それは1つの予感を感じさせる。

館長も不破圓明流もよく知る、陸奥くんの祖父を名乗る老人も登場。

そして激闘は次巻に続く!


関連商品

検索で引っかかったおまけ

修羅の門

修羅の門

  • 小沢仁志
Amazon