神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

修羅の門 第26巻

修羅の門(26) (月刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

修羅の門 第26巻

・点数 68点

ストーリー☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・本の概要
・敗因
・グラシエーロ一族の誇り
・境界線

・感想
なんというか……想定内。
グラシエーロが思ったより…とは言いません。
が、イグナシオさんやレオンさんの待遇を考えると、展開としては当然そうなるよなぁ~って感じです。

インフレしてるから前座も化け物ってだけで、流れは変わらんのよな、基本。
若干飽きてきた感は否めないです。

テクニックを圧倒的パワーで粉砕という今の流れは、そのまんまバトル漫画としてパターン化された単調さとも言えるので、陸奥くんがいないと少しつまらないかも。
そこに気付けたのは利点かも?

あと、そういう風穴というか「順当ではない強さ」という意味ではレオンさんにも期待はしてます。
グラシエーロとしてではなく、レオンさんに期待してます。

唯一の流派のない「傭兵」の参加者とムツツクモの対戦ってちょっと面白そう。

そして、マイコちゃんはほんとに強くなったなぁ~、もはや別人じゃないか。

阿修羅vs傭兵。
どちらも同じ強みを持ってるからこそ面白い。
とはいえ、鮮血含めて痛々しいので苦手な方はご注意を。


関連商品

検索で引っかかったおまけ

第1話

第1話

  • 小沢仁志
Amazon