神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

ダイヤのA 第1巻

ダイヤのA(1) (講談社コミックス)

・タイトル

ダイヤのA 第1巻

・本の概要
・沢村栄純
・相棒
・才能で語れ

・著者情報
寺嶋裕二(てらじま ゆうじ)
生年月日 1974年5月10日
出身地 香川県仲多度郡まんのう町

職業 漫画家
活動期間 1999年-
代表作 『ダイヤのA
受賞歴
第61回マ新人漫画賞佳作
第62回マ新人漫画賞佳作(『メンバー』)
第53回(平成19年度)小学館漫画賞少年向け部門受賞
第34回(平成22年度)講談社漫画賞少年部門受賞(『ダイヤのA』)


大学在学中に読んだ高橋ヒロシの『クローズ』に影響を受け漫画家になることを決意。
大学卒業後に上京し、最初の1年は警備員などのバイトをしながら持ち込みを繰り返し、月例賞にて奨励賞を受賞。

第61回、第62回週刊少年マガジン新人漫画賞でともに佳作を受賞し、1999年に62回受賞作『メンバー』で『マガシンFRESH』よりデビュー。

2002年から『マガジンSPECIAL』にてテニス漫画『GIANT STEP』を2年間にわたり連載。

週刊少年マガジン』にて2003年42号「橋の下のバットマン」(野球漫画)、2005年36・37合併号「幻の甲子園」(野球ドキュメント漫画)の読み切り掲載を経て、2006年5月より『ダイヤのA』を連載開始。


小・中・高校と野球に熱中する少年時代を過ごした。
香川県善通寺第一高等学校時代は左利きだったため2年まで一塁手、3年からは外野手で5番を打っていた。

練習試合では投手もやっていた。
2年夏の香川予選でベスト4、3年夏は2回戦敗退。

兄がバンドをしていたこともあり、大学では軽音楽部に入るも、1年ですぐに辞める。

ロックバンドのTHE BACK HORNの大ファンであることを公言しており、「ダイヤのA」作中でも主人公をはじめとした登場人物にメンバーの名前をつけ、作中では同バンドの曲をキャラクターがカラオケで歌うシーンがある。

・点数 80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
本格派野球漫画にして名門野球部ならではの青春⁉が詰まった名作漫画の記念すべき最初の1巻です。

アニメ版を見慣れているとちょっと激画タッチに感じる(笑)
これはクローズの余波なのか?分からないけど、そういうことにしときましょう!

1巻の最大の魅力はやはりテンポの良さ。
思い切りの良い沢村くんとリンクするかのようなスピーディーな展開がGoodです。

それでいて、主要人物である沢村栄純と御幸一也がどんな人物なのかが大体分かる内容になっているのも素晴らしいです。

仲間(友達)想いの沢村くんが何故、単身で上京したのかも含めてよく描かれている……これは脱帽です。

中学時代の仲間との絆が伝わる描き方をし、確かな覚悟と決意を持って入学したはずなのに……あれれ?
いきなりの大ピンチ!!

さてはて、どうなる、沢村栄純⁉


コミック

ダイヤのA(1) (講談社コミックス)

ダイヤのA(1) (講談社コミックス)

電子書籍