神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

マンガ家さんとアシスタントさんと 第1巻

マンガ家さんとアシスタントさんと 1 (ヤングガンガンコミックス)

・タイトル

マンガ家さんとアシスタントさんと 第1巻

・本の概要
・マンガ家さんの妄想
・りんな登場
・マスコットキャラ
・アシスタントさんとの出会い(と休日)

・著者情報
ヒロユキ
生年月日 1982年4月23日
出身地 石川県
職業 漫画家、イラストレータ
代表作
ドージンワーク
アホガール

以下、敬称略。
京アニメーター学院を卒業後、一時アニメーターになるも、漫画を描くために辞めた経歴があるそうです。

漫画家の恵広史は実の姉で、「頭脳系」の作品を得意とする姉に対して、弟は「アホ系」の作品を得意とします。

尊敬する漫画家は赤松健
週刊少年マガジン2014年39号にて、ヒロユキが描いた「ラブひな」特別読み切り(12ページ)が掲載されたことがあります。

・点数 48点

ストーリー
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆

・感想
僕のブログ初の0点なんじゃ?いや、分かんないけど(笑)
ストーリーはほんとに薄っぺらかったので仕方ないですね!
そんな訳で、作品紹介です。

この作品は売れっ子ではないにしても一応連載作家でコアなファンがついてるであろう愛徒先生が主人公の物語です。

そして、ヒロインにしてもう1人の主人公っぽい立ち位置にいるのが足須さんです。
基本いい子ですが、時々素っ気なかったり、冷たかったり、ビンタしたり(この場合は愛徒が悪い)な美少女です。
美少女です。大事なことなので2回言いました。
個人的にはもうちょっといろいろされてもいいと思います←

りんなちゃんはマジ天使。りんな可愛いよりんな!
すみません、取り乱しました。
いやーほんとりんなちゃん好きなんですよ、マンガの書き方は一切知らないし、ドジっ子で天然だけど、『可愛いから』という理由だけでアシスタントとして採用されるだけのことはある、ほんとに可愛い。好きだ!!
さて、この溢れるりんなちゃん愛ですが…読んでて、全部井口さんの声で再生されちゃうってのも要因だと思うんですよ…井口さんす…いや、井口さん強い。
いや、好きとか言ってないし(ほぼ言ってる)。
まあ、それなくても多分好きなキャラなんですけどね!

後は担当編集のみはりちゃんとかマンションの管理人とかお姉さんとか、出てくる女性陣がとにかく可愛い。
そこは本当に作品の魅力だと思います。

あと、個人的に好きなのは兎美都冥聖。
全20作品中2位の超売れっ子漫画家です。
性格が非常に歪んでらっしゃる(笑)

一言で言うと、アホマンガです。
著者情報の通りですね、はい。
女の子の可愛さとキャラクターの性格が魅力の作品…でいいのかな?ちょっと自信はないです。

この作品が好きか?と問われれば「嫌いではない」と答えます。
女の子が可愛いので読みますけどね!みたいな。

りんなちゃんは大好きですが、愛徒先生には何となく足須さんとくっついて欲しいなーって思ったり。
いやー、あんな子が1年ずっと一緒にいたら好きになるのが自然でしょう…そして、ゲーマー的には攻略難度が高いほうが燃える!←聞いてない

あ、言い忘れてましたが、愛徒先生は自分では「キモオタですみません」と言ってますが、結構整ってると思います。
それに加えてちょっとHだけど何事にも真摯に取り組む姿勢やどうしようもないところも多いけど、純粋なところなどから女性陣に受け入れられてるのだと思います。
何ならちょっと可愛いとすら思いますよね、愛徒先生。

ちなみにですね、愛徒先生の本名は愛徒勇気。
自称、愛と勇気の漫画家のあいとゆうき先生なのです!

そして、兎美都先生はとみとめいせい。
名前の通り、富と名声を手に入れているのです!

こういう名前遊びというか名前の付け方は個人的に好きです。


コミック

マンガ家さんとアシスタントさんと 1 (ヤングガンガンコミックス)

マンガ家さんとアシスタントさんと 1 (ヤングガンガンコミックス)

電子書籍