神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

奇子 第1巻

奇子(1) (手塚治虫漫画全集)

・タイトル

奇子 第1巻

・本の概要
・秘密
・失敗
・一族の闇

・著者情報
手塚治虫(てづか おさむ)
本名:手塚治(てづか おさむ)
1928年(昭和3年)11月3日-1989年(平成元年(2月9日)

兵庫県宝塚市出身(出生は大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)。

職業
漫画家、アニメーター、アニメーション監督。
大阪帝国大学附属医学専門部を卒業後、医師免許取得、のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。
血液型A型。

称号
勲三等瑞宝章

活動期間
1946年-1988年

ジャンル
少年漫画
少女漫画
青年漫画

代表作
『新寶島』
ジャングル大帝
鉄腕アトム
リボンの騎士
火の鳥
どろろ
ブラック・ジャック
三つ目がとおる
他多数

受賞歴
第3回小学館漫画賞(『漫画生物学』『びいこちゃん』)
第1回講談社出版文化賞児童まんが部門(『火の鳥』)
第28回ヴェネツィア国際映画祭サンマルコ銀獅子賞(劇場アニメ『ジャングル大帝』)
第4回日本漫画家協会賞特別優秀賞(『ブラック・ジャック』)
第1回広島国際アニメーションフェスティバルグランプリ(『おんぼろフィルム』)
第21回文藝春秋漫画賞(『ブッダ』『動物つれづれ草』)
第1回講談社漫画賞少年部門(『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』)
第29回小学館漫画賞(『陽だまりの樹』)
第10回講談社漫画賞一般部門(『アドルフに告ぐ』)
第10回日本SF大賞特別賞受賞
第19回日本漫画家協会賞文部大臣賞
アイズナー賞


戦後の日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け的存在として活躍します。

大阪帝国大学附属医学専門部在学中の1946年1月1日に4コマ漫画『マアチャンの日記帳』(『少国民新聞』連載)で漫画家としてデビュー。

1950年に漫画雑誌に登場し、『鉄腕アトム』、『ジャングル大帝』、『リボンの騎士』といったヒット作を次々と手がけます。

1963年、自作をもとに日本初となる30分枠のテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』を制作し、現代につながる日本のテレビアニメ制作に多大な影響を及ぼします。

1970年代には『ブラック・ジャック』、『三つ目がとおる』、『ブッダ』などのヒット作を発表します。

また、晩年にも『陽だまりの樹』、『アドルフに告ぐ』など、青年漫画においても傑作を生み出す。
デビューから1989年まで第一線で作品を発表し続け、「マンガの神様」として語り継がれます。

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・感想
これ書いていいのか!?って思いながら若干びくびくしてます。
問題作とは聞いてましたが……

部隊は戦後、主役は捕虜を経てスパイとなったという地方旧家の次男坊です。
いや、タイトル的に奇子が主人公になるんでしょうが、1巻はその次男坊を中心に物語が進みます。

久しぶりに帰ってみれば一族の人間関係は腐っていました。
そのことに絶望した次男坊は家に未練はない。と言いきりますが、そんな彼がどんどん堕ちてゆく様が怖い……

昔読んだときに鉄腕アトムからは想像がつかない程の怖さとグロさを味わってトラウマでしたが、大人になった今もやはり怖いです…別の意味で。

この闇が深い感じは手塚先生の真骨頂な気がします。
絵柄が丸っこいのに内容が怖い…そのアンバランスさがクセになる。
最大限の評価をしつつ、あえての画力は満点評価ではありません。
これは作風に対して絵柄がマイルドなのでそこが子どもでも読めてしまうから。

人間の闇が詰まったダークな作品が読みたい方は是非。
もうちょっと言うと、人間が闇に堕ちていく様と出生から呪われた運命を背負わされた子どものお話です。
面白いですが、現時点で決して後味の良いものではないです。


コミック

奇子(1) (手塚治虫漫画全集)

奇子(1) (手塚治虫漫画全集)

電子書籍
奇子 1

奇子 1