神黎の書評という名の読書感想文

ゲーマーでもある僕が読んだ本について書くブログです。

ワンピース 第7巻

・タイトル

ワンピース 第7巻

ONE PIECE  7 (ジャンプコミックス)

・点数

総合得点68点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

著者情報
尾田栄一郎

油絵が趣味だったお父様の影響で幼い頃から絵を描いていたそうです。

本格的にマンガを描き始めたのは中学年生の頃で、『小さなバイキングビッケ』という作品の影響で海賊を好きになったそうです。(アニメ版の小さなバイキングビッケが放送された同局の同時間帯で後にアニメ版ワンピースが放送開始されました)

中学生時代に、『ジャンプに海賊のマンガを描くこと』を目標に掲げてアイデアを貯めていたそうです。

受賞歴
1992年 WANTED! 第44回手塚賞準入選

1993年 一鬼夜行 第104回ホップ☆ステップ賞入選

ONE PEACEの受賞歴
2000年 第4回手塚治虫文化賞最終選考6位
2002年 第6回手塚治虫文化賞最終選考6位
2006年 日本のメディア芸術100選 マンガ部門選出
2012年 第41回日本漫画家協会賞大賞受賞

2018年 熊本県民栄誉賞


・本の概要
僕の主観で分けると、
・鉄壁のパール
・ファイヤーパール
・サンジとゼフ
・海賊船隊 戦闘″総隊長″ギンの義
・クリークの戦法
・サンジvsギン
・MH5


・感想
捕捉しておくと、熱中度が低めなのは考える時間として間を開けて読みたくなったからです。

あ、扉絵は意気投合した?バギーとアルビダでした。

それはそうと、昔から気になってたことが1つあるんです。

サンジくんはよく『料理人は手が命だから戦闘で傷付ける訳にはいかない』と言ってました。
それは分かる。

でも……技によってはおもいっきり地面に手を着けてぐるぐる回るやん?それってどんなに気を付けても『突き指』の可能性あるくない?

まあ……彼に限ってそれはないのでしょう!
突っ込むだけ野暮ってモンだぜ、ボーイ!って子供の頃言われた(気がした)ので気にはなるけど、気にしないことにします!←言葉が矛盾している。

ところで、鉄壁のパールさん、嘘か本当かは分かりませんが、その強度は『軍艦の大砲でも正面から立ち向かえる』ほどだとか。
結構堅い。
でもパールさん、存在そのものがギャグっぽい。別に笑いはしないけど。

そんな中、オーナーことゼフがギンに人質に取られてしまいます。
オーナーを撃たれまいと無抵抗でパールの攻撃をまともに食らうサンジ。

サンジは言います。

『この店はそのジジイの宝だ!!!』

『おれはそのジジイから何もかも取り上げちまった男だ 力も!!!夢も!!!』

『だからおれはもう クソジジイには何も失ってほしくねェんだよ!!!』


オーナーゼフとサンジの関係が語られる回想シーンですが、ここは実際に読んでもらいたいところです。
若干アニメとは描写が異なります。

ちなみに回想が語られる回の扉絵は泣きながらバギーの葬式?を終えたバギー一味と、次期船長を決めるカバジvsモージです。
激闘12時間の泥試合は扉絵で十分かな(笑)

反撃も許されてないサンジが一方的に攻撃を食らう為だけにフラフラになりながらも立ち上がり続ける理由、それは

『一時でも長くここがレストランであるためさ』

この一言が全てを物語っています。

ルフィがサンジに言った言葉。

『死ぬことは恩返しじゃねえぞ!!!』

『そんなつもりで助けてくれたんじゃねェ!!!』

『生かしてもらって死ぬなんて弱ェ奴のやることだ!!!』

これはルフィの過去を知っていると重みがあります。

クリークの意思に反してでも『自らが感じる恩義』を優先したギンは格好いいですよね、その行動の良し悪しは別にして。

サンジは命の恩人だから……自分の手でやらせて欲しい。
ギンの言い分はこうです。

一見、正論のように見えますが、″目的の為に手段を選ばない″クリークの海賊団にとっては、ギンの独断で人質を解放したことも、サンジにトドメを刺しかけていたパールを一撃で倒したことも悪手としか言いようがありません。

それにしてもギンがパールを沈めるところを見ても、総隊長を貶されて?怒る辺り、ギンは相当のカリスマなんだろうなって思います。

クリークのこれも地味に格好いい。

『弱ェと言われてとりみだす奴ァ 自分で弱ェって認めてる証拠だ』

『強ェ奴は結果が決めるさ』

『おれがいるんだ ギャーギャー騒ぐんじゃねェよ』

まあ、その後に小物臭漂わせるんですがw
ルフィとのやり取りを含めてここ2ページのやり取りも実際に読んで楽しんでもらいたいところです!

クリークの騙し討ち戦法も個人的には好きです。
ルフィが納得しているのには驚きましたが(笑)

サンジとギンの戦いも見て欲しいので内容には触れません。

まとめ
この巻も直接読んで欲しい場面が多かったです。

余談ですが、ルフィがサンジを怒鳴るシーンは小説として現在読んでいるガンダムSEEDと少し重なる部分もあり、『戦闘』とは何か、『命を懸ける理由』の違いとは何かをより考えました。

合わせて読んで欲しいとまでは言いませんが、せっかく同じブログ内で紹介している作品なので少し触れました。

一応、リンクは貼っておくので興味のある方は是非。
ガンダムSEED① すれ違う翼 - 神黎の書評ブログ


コミック

ONE PIECE  7 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 7 (ジャンプコミックス)

モノクロ版
ONE PIECE モノクロ版 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ONE PIECE モノクロ版 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

カラー版