神黎の書評という名の読書感想文

ゲーマーでもある僕が読んだ本について書くブログです。

ワンピース 第17巻

・タイトル

ワンピース 第17巻

ONE PIECE 17 (ジャンプコミックス)

・点数

総合得点96点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

著者情報
尾田栄一郎

油絵が趣味だったお父様の影響で幼い頃から絵を描いていたそうです。

本格的にマンガを描き始めたのは中学年生の頃で、『小さなバイキングビッケ』という作品の影響で海賊を好きになったそうです。(アニメ版の小さなバイキングビッケが放送された同局の同時間帯で後にアニメ版ワンピースが放送開始されました)

中学生時代に、『ジャンプに海賊のマンガを描くこと』を目標に掲げてアイデアを貯めていたそうです。

受賞歴
1992年 WANTED! 第44回手塚賞準入選

1993年 一鬼夜行 第104回ホップ☆ステップ賞入選

ONE PEACEの受賞歴
2000年 第4回手塚治虫文化賞最終選考6位
2002年 第6回手塚治虫文化賞最終選考6位
2006年 日本のメディア芸術100選 マンガ部門選出
2012年 第41回日本漫画家協会賞大賞受賞

2018年 熊本県民栄誉賞


・本の概要
・本物の海賊
・ランブルボール
・ワポルファクトリー
・決着
・ドクトリーヌ
・″英雄″サー・クロコダイル


・感想
ページをめくるといきなりルフィがワポルを殴っている。スッキリ。

事情を知らないはずのルフィですが、チョッパーの表情で旗の大切さを理解します。

『ウソッパチで命も懸けずに海賊やってたお前らは!!!…この海賊旗の意味を知らねェんだ!!!』

ルフィの怒り。

『いくらドクターがお前らを許しても!!!ドクターの生き方を笑ったお前らをおれが許さない!!!!』

チョッパーの怒り。

動物系の概念を覆すチョッパーの7段変形の戦い方は面白いです。
決め技が『桜』なのが実にチョッパーらしい。感動ですね!(前巻参照)

それにしてもナミは病気で死にかけてもしたたかだなー、全くブレない(笑)

ナミとかスノウバードに邪魔されたけど、ワポルもだいぶ面白工場人間だから見たかったなー、武器人間になるところ。

決着……ですが、ワポルが奥の手を一切使えなかったせいか物足りなさは残ります。
劇場版のお兄ちゃんが欲しかった……(あの人強すぎるけどw)

さて、全てが終わってルフィはチョッパーを勧誘しますが、チョッパーは断ります。
そんなチョッパーに対してルフィは……

『うるせェ!!!行こう!!!!』

これもルフィらしい、なんたるワガママ(笑)

くっそ……油断してたらドクトリーヌのツンデレにも泣かされ……何とか我慢しました←
チョッパーを弟子や教え子ではなく息子と呼んだ偉大なる2人の医師。
めちゃくちゃいい話でした。

どことなくサンジとゼフに似て……あ、幼少期サンジの声が大谷さんだったのってそういう!?

チョッパー加入後の船での宴会。
ゾロがサンジの酒を注いでいる!?
まあ、結局喧嘩するんですがw
喧嘩するほどなんとやら?

道中ビビが再三言っている通り、クロコダイルは英雄とは真逆に位置します。
しかし、国民にとっては海賊から守ってくれるヒーローなのです。
ここがややこしいところ……

・まとめ
なんかいろいろてんこ盛り?

唯一の不満点はワポルとの決着の付け方でしたが、はじめの方なので十分盛り返しました。
バトルよりもストーリー重視な感じです。

いよいよアラバスタ編突入となります。
BW……秘密結社……少年の心を掴む響きですね!

コミック

ONE PIECE 17 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 17 (ジャンプコミックス)

モノクロ版カラー版