神黎の書評という名の読書感想文

ゲーマーでもある僕が読んだ本について書くブログです。

ワンピース 第36巻

・タイトル

ワンピース 第36巻

ONE PIECE 36 (ジャンプコミックス)

・点数

総合得点92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

著者情報
尾田栄一郎

油絵が趣味だったお父様の影響で幼い頃から絵を描いていたそうです。

本格的にマンガを描き始めたのは中学年生の頃で、『小さなバイキングビッケ』という作品の影響で海賊を好きになったそうです。(アニメ版の小さなバイキングビッケが放送された同局の同時間帯で後にアニメ版ワンピースが放送開始されました)

中学生時代に、『ジャンプに海賊のマンガを描くこと』を目標に掲げてアイデアを貯めていたそうです。

受賞歴
1992年 WANTED! 第44回手塚賞準入選

1993年 一鬼夜行 第104回ホップ☆ステップ賞入選

ONE PEACEの受賞歴
2000年 第4回手塚治虫文化賞最終選考6位
2002年 第6回手塚治虫文化賞最終選考6位
2006年 日本のメディア芸術100選 マンガ部門選出
2012年 第41回日本漫画家協会賞大賞受賞

2018年 熊本県民栄誉賞

本の概要
・造船所での戦い
・正体


・感想
触れる者みな傷つける思春期……チェッカーズ?尾崎さん?

ガレーラカンパニー最強の5人がルフィに襲いかかります。
そして、喧嘩を邪魔されたフランキーはよりいっそう暴れます。

町が沈む程の高潮″アクア・ラグナ″が近付いていて、今日の夜中にはここに来る。
町で聞いた情報をバレないようにウソップに伝えようとするサンジとチョッパー、友情ですね!

反してルフィはちょっとあれですが……(笑)

そして、フランキーはエネルギー補給の為に酒場へやって来ます。
エネルギー源がコーラって……というツッコミよりも、エネルギーの有無がリーゼントに表れるほうが気になる……(笑)

そして、酒場でCP9というキーワードが……

そして、ロビンを探すサンジとチョッパーの元へロビンが現れます。

そこでロビンは、アイスバーグの屋敷に侵入したのはロビンで、その罪を麦わらの一味に被せて自分は逃げようとしていること、自分には闇の側面があること、2度と一味の前には現れないことを一方的に告げます。

サンジは追いかけますが、見失ってしまいます。
チョッパーに一言一句漏らさずに伝言するよう伝えてサンジは別行動を取ると言います。

話を聞いたゾロが言う通り、ロビンは″敵″なのか″味方″ なのか……そういう局面がやって来ました。


大暴れするCP9。仮面着けててもなんとなくどれが誰か分かるのはきっと尾田さんのこだわりがきちんとキャラクターに反映されているから。だと思います。

何気にルフィの「ゴムだから」ネタ久しぶりな気がします。

そしてCP9と同時に明かされたフランキーの正体。
ここの設定はめちゃくちゃよく出来ているので是非是非読んでもらいたいです。

ということで今回の感想は控えめです。

(個人的に)ゾロが言うことがいちいち格好いい。

・まとめ
ゴム人間のルフィ、サイボーグのフランキーの戦い方は当然面白いのですが、CP9の特殊な戦闘スタイルも面白いです。
別作品に喩えるなら若干BLEACHっぽい。
そんな感じです!

キーワードは誰が敵で誰が味方か……ですね。

コミック

ONE PIECE 36 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 36 (ジャンプコミックス)

モノクロ版
ONE PIECE モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ONE PIECE モノクロ版 36 (ジャンプコミックスDIGITAL)

カラー版