神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。このページ内(下記にて)、INDEXと検索すれば過去に感想を書いた作品の一覧もあります。

ハチミツとクローバー 第10巻

ハチミツとクローバー 10

・タイトル

ハチミツとクローバー 第10巻

・点数 100点++

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐⭐☆☆


・感想
はぐちゃんを巡るトライアングルがついに決着!

素の森田さんは意外と暴力的だった。
青空のもと、土手で若者が殴り合うのを風流だと捉えるのは前時代的というか、平成・令和の世の中ではもう近所で暴力事件として通報ですよね(笑)

「何を軸にして生きるか」で選ぶ人が変わるってのは深いね。
恋愛重視で選ぶか、やりたいこと・仕事重視で選ぶかで最適のパートナーは異なるから理屈の上では当たり前なんだけど、大学生の年齢で実際に決めちゃえるのは凄い。

実らなかった恋に意味はあるのか
消えてしまったものは初めからなかったものと同じなのか

この自問自答のような哲学的な問いいいなぁ~

野宮さんが気の毒過ぎて……でも気持ちは少し解る。
自由奔放とまではいかないけど、世間知らずの箱入り娘が報われない初恋をいつまで引き摺ってて、でもそんな子が愛しくてたまらなくて辛くなることもあって、でも見捨てられない感じ?ちょっと分かる気がするんです。

竹本くんの気持ちの持っていき方も少し分かる。
さよならは済ませたから声はかけない。けど、本当のさよならにしたくないという邪な気持ちも少しはある。みたいな。
初恋ってそういうところありますよね?

あ、泣きそうなのを堪えてたのが最後の最後で瓦解しそう……。
はぐちゃんそれはズルい。反則や。

番外編で将棋好きなのは伝わった気がします!
それにしても、真山くんって器用貧乏型の万能だよね?

恋愛ENDと友情ENDのどちらもあってよかったです!


関連商品


検索で引っかかったおまけ

クローバー

クローバー

  • yamax(ヤマックス)
Amazon