神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。このページ内(下記にて)、INDEXと検索すれば過去に感想を書いた作品の一覧もあります。

きみに恋する殺人鬼 第4巻

きみに恋する殺人鬼(4) (裏少年サンデーコミックス)

・タイトル

きみに恋する殺人鬼 第4巻

・点数 72点

ストーリー☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・本の概要
・きみがわからない
・きみへの小さな恋
・きみは王子様
・きみとの夢
・きみと遠くまで
・きみと会えてたら
・僕の夢
・きみが崩れていく

・感想
おまけ漫画で書かれてた勘違いイキりDV陰キャって結構鈴木くんにも当てはまるよね。
いや、ちゃんと見てくれてる人を無視しといて「誰も僕を見てくれない」とか被害者ぶって被害妄想繰り広げてる分、鈴木くんのが最悪か。

最初のユウキくん(過去回想)は綺麗な目してキラキラしてたんだなぁ~

同時に、本気で恋する乙女モードになってる心愛ちゃんも初めて見た。
悪い子とまでは思わないけど、信用は出来ない目だった理由が解りましたね!

あと、ユウキくんは若くして成功した上にイケメンだからちょっと間違ったのかな?って思った。

いやー、来たね、ついに来たね。
片鱗は感じてたけど、待ってた甲斐があったわ~

それはそれとして、メンヘラは相手にするのしんどいっていうのは分かる人のほうが多いのでは?

お肉の解体シーンは明確に描写してないとはいえ、擬音とか空気感とか諸々含めてちょっとグロですね、苦手な方はご注意を。

なんか物騒なこと言ってるヤバめな空気感出してるのは噂の政宗くんかな?

「嫌いでも一緒に居てくれる?」
って不安そうに言われたらヤバイね、これが生粋のメンヘラか。

うん、全く、君は本当にクズだなぁ~
というより面倒な奴。
イライラする人も多いだろうねー、でも僕は嫌いじゃない。