神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ダイヤのA 第33巻

ダイヤのA(33) (週刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

ダイヤのA 第33巻

・点数 100点+++

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐⭐⭐⭐☆

・本の概要
・それだけで十分だ
・理屈じゃねぇ
・守り抜いた誇り(プライド)
・悪者は悪者らしく
・対峙
・内なる敵 目の前の敵
全力少年
・妥協なき挑戦
・燻る火種

・感想
空気は読まない。声はデカい。嘘をつかない。とことん素直。
そんな沢村くんの沢村流エールは効くよなぁ~
ライバルには特に……ね。
いや、このシーン好き。

完全アウェイで勝つには気持ちが大事。攻めの姿勢が大事……ということは?
ラストイニングはあの男か!

悪役なら悪役らしく観客を黙らせてしまえばいい。
高校野球はどっちも主人公なんだからさ!

ムードメーカーvsムードメーカー……つまり、この対決の勝者が試合の勝者かな?
沢村くん推しとしては緊張する!!

強くて怖いのは重々承知しているけど、投手としての本能が勝負したくなる打者、それこそが真の4番だよね!

沢村くんvs梅ちゃんの勝負熱かったなぁ~
そして、痺れた。

当て馬って言い方はよくないけどまあ…。
今の時代はみんなで戦うチーム野球が主流になるべきだと思うけど、一昔前は一人で投げ抜くエースの美学ってあったもんなぁ~

戦ってるのは選手。こだわるのも選手。
酷いこと言ってそうで案外一番優しいのは落合さんかもね(笑)


関連商品

ダイヤのA 沢村33

ダイヤのA 沢村33

  • ノーブランド品
Amazon

検索で引っかかったおまけ

[asin:B0B888X6LK:detail]