神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ハチミツとクローバー 第4巻

ハチミツとクローバー 4

・タイトル

ハチミツとクローバー 第4巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ⭐☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・感想
山田さんと真山くんのやり取りほんと好き。
山田さん自分で墓穴掘って見事に自爆するんだよね(笑)可愛い。

(精神的に)後ろから支えることは一人で歩かせてるのと同じかー、なるほど。
本当に支えたいなら担ぎ上げるぐらいじゃないとダメか、ふむふむ。

山田さん可愛い。真山くんが来る来ないのくだりの時の反応がドツボ。

花火と山田さんの淡い恋…映えるなぁ~
心の声が深いっていうか渋い。
盆栽とか始めるとこの喩えが刺さるのかなー、多分。

セミの一生を人間の寿命に例えると外で生きていられるのは24時間かー
セミって凄いね。
そこから地球と人類に派生したの好き。

その時々で必死に生きていればぐるぐる迷ってもいいんだ、人生ってものは限られているのだから。
失礼ながら、まさかこの作品からここのテーマになるとは思ってなかった…

ちょくちょく思うけど、プレステが2の時代なんですよね、この作品…感慨深い。

どんなに可愛くても大事に想ってても他人である以上、保護者目線はエゴでしかない……そういうことだよね、難しい問題だ。

野宮さん……あんまり好きなタイプではないけど、逆転しそうな予感はある。

真山くん主人公パート好き。むしろこの作品はこの為に読んでる感あるほどに好き。


関連商品

アオゾラペダル(初回限定盤B)(DVD付)

アオゾラペダル(初回限定盤B)(DVD付)

  • アーティスト:
  • ジェイストーム
Amazon

検索で引っかかったおまけ