神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ダイヤのA 第24巻

ダイヤのA(24) (週刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

ダイヤのA 第24巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・頂点へ
・余所者
・水面下
・足りない何か
・発奮材料
・ごあいさつ
・サードの前
・怪物の要望
・階段

・感想
甲子園の決勝は勝っても負けてもそのチームにとって最後の試合ってのは当たり前なんだけど、感慨深いよなぁ~

プロになるかは置いといて、悔いが残る不完全燃焼では終われないから大学でも野球をやる。って選手も一定数いることを認識しました。
そうか、プロになる為の下地や、好きだから、推薦だからやるのではなく、燃え尽きて次に進む為に。という場合も当然あるか。
様々な想いが交錯する大学野球編見たいかもしれない……。

沢村、降谷はおろか、川上すら知らない謎の新参者がわざわざ観戦に?露骨に怪しいな!!
まあ、正体は知ってるんですがw

ゾノの打率.143は置いといて、倉持先輩の打率.208が気になるなぁ~
リードオフマンとして物足りなさ過ぎる気が。どうした?

みなとっちが.571で御幸くんが.272だから倉持先輩とゾノの出塁率は重要だよなぁ~
ゾノ置いとけなかったわ。

でも、チャンスでしか打たなかった御幸くんが得点圏打率.222か、厳しいな、この得点力の低さ。

勝負はほとんどの者が負けるのだから、負けるためにするようなもの

とは謎の来客はなかなかに曲者だね、一理あるけど。

落合博光……落合博満?落合さん?

バッピ役とはいえ、川上ノリさんの球を簡単にバコスカ打つ1年、東条くん。
これはレギュラー争い熾烈だね。

前チームから地味にレギュラーだった白洲くん。
6番で.333は渋いね!仕事人感出てます!

このボロボロの状態で強豪校倒しまくって勢いに乗り、メキメキ成長している薬師と再戦か~
まあ、悪くはないんじゃない?

練習試合だから交代は当たり前だけど、御幸くんが沢村くんにコントロールにこだわれって話してる時に、後ろでボソッと「完投にこだわりたい」って言ってる降谷くん面白い(笑)

そして、青道へのリベンジに燃える雷市!
丹波さんはもういないけどね!雷市くんのそういうとこ可愛い。

薬師の皆さんは愉快だなぁ~
このラフさがそのまま強さだよね!

有田高校の上田真也監督は偶然ではないな?何となくそんな雰囲気がします。

先発投手ミッシーマ楽しみ✨
密かにエースで4番を狙うでっかい目標に対して、器用貧乏なところが渋くていいですよね!

雷市くんの守備が上手い…だと⁉️

どういう結果であれ9回を投げ抜く投手、1つでも多くのアウトをチームに貢献し、最小失点で後ろに繋ぐ、今の時代の理想のエース像ってどっちなんだろう?

ライバル(降谷)が難敵(轟)を切って取る。
それを目の当たりにした沢村は何を思う?


関連商品

検索で引っかかったおまけ