神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。このページ内(下記にて)、INDEXと検索すれば過去に感想を書いた作品の一覧もあります。

ザ・ファブル 第4巻

ザ・ファブル(4) (ヤングマガジンコミックス)

・タイトル

ザ・ファブル 第4巻

・点数 64点

ストーリー☆☆
画力☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・本の概要
・小島と高橋
・アイサツに来た男
・弱っちいヤツ
・おヒマなんだもの
・現実主義
・SEXのお話…。
・おヒマなんだもの
・だってだって、なんだもの
・キャンプしようよ
・ライオンさん、いらっしゃい
・ぬかるみの男‥‥。

・感想
「兄」の趣味は平和なのに「妹」の趣味は酷いっていう対比も面白いのかもしれませんね?

えっと…小島さん?で合ってるのかな?
エグいな、あんた……昔の先輩にも容赦無しか。

裏社会の中の裏社会、その痕跡を一切残さずに正体を悟らせないのが生業だから、「名前や生きた証を残したい」って言ってる時点で向いてはない。
意気込みは買うがね。
そういうこと?そんな顔してるね、アニキ。

この「妹」、頭で考えてることと発言が真逆過ぎて怖いw
諜報部隊って感じするよね、その人を欺く感じ。

過去をネタにされたり、時が経っても狙われたり、どんな事情があってもそっちの業界に足を踏み込むのはやめたほうがいい。
そんな教訓になりますよね、勿論、覚悟があれば別ですが。


関連商品