神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

サイコメトラーEIJI 第3巻

サイコメトラーEIJI(3) (週刊少年マガジンコミックス)

・タイトル

サイコメトラー EIJI 第3巻

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・時計仕掛けのリンゴ
・a few years ago

・感想
意外性のある犯人は、秘められた攻撃性と破壊衝動の演出の一環なんだろうなぁ~

7人の容疑者の人間性と行動から犯人を読むのは難しい。全員怪しく見せてるし。
ちょっとあな番っぽくてゾクゾクした。

心理学から見る人間の秘めたる部分、「シャドウ」と光と影のバランス、友愛や犯罪との関係性までの話はなかなかに興味深い。

恵美ちゃんって案外攻めた格好するけど、無意識なのかな?それとも確信犯?

裕介は確かにムッツリだけど、下心より責任感選べるから偉い。

こんなこと言うと悪いけど、志摩さん、肝心な時に使えない……仕方ないけれど、これは痛いかもしれない。

お前だけは許さない!とはならんのよな、やっぱり。
光と闇を使い分けられる程に心を失くしたその境遇を思えば、理由も知らずに糾弾は出来ない。
個人的な意見としては…ですが。

志摩さんは心理学専攻のわりには感情に左右されすぎだね?
別に構わんけど。

エイジの意外な過去と成長と、これは妹ちゃんまた惚れ直すわ……のエピソードよき。


関連商品と検索で引っかかったおまけ

[asin:B00005H1WP:detail]