神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

とめはねっ!鈴里高校書道部 第4巻

とめはねっ! 鈴里高校書道部(4) (ヤングサンデーコミックス)

・タイトル

とめはねっ!鈴里高校書道部 第4巻

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・チョコっと来てくれ
・「朱文」と「白文」
・宮田庵
・ニコリともしない
・ナマイキなヤツ
・崩壊
・雁塔聖教序
・決めたのよ!
良寛
・日常の感動
・サポート役だって大切
・新入部員募集中!
・パフォーマンスの書

・感想
望月さんが柔道部の練習を抜け出してちょっと書道部へ向かうだけなのに柔道部総動員なの面白い。
望月さんも触れてるけど、この人たちの練習時間は?って疑問は浮かんだ時点でこちらの負けなのでしょう(笑)

柔道部顧問しくじったな。
推薦じゃない子を推薦扱いしたらキレられてもしょうがない。
これは明らかにミスだ。

男子二人、なおかつ他校生は1人という環境でも一切記憶に残らない大江くんさすがw

初めてのバイト先が繁盛してたら最初は使えないって思われるのも無理はない。
が、彼には帰国子女という最強の武器がある!

バイト先のお子さんともあって距離が急接近な麻衣ちゃんですが、ええ子や……←チョロい

練習は半分、しかもなんかモヤモヤ?
その状態で優勝するのは天才通り越えて怪物の領域だね!
二刀流目指せるってことか!

勇気出したのに、大江くんが釣れない態度だったから不服そうな麻衣ちゃんが愛し可愛い。

なんでこの先輩達に麻衣ちゃんが評価されなきゃならんのや?
いや、別にいいけどさ?

大江くんが来てパッと明るい表情になったり、部活が理由で断ったのに部活の面々と店に来てることで機嫌損ねたり、この子はほんとに見てて面白いなぁ~

女の子らしさ云々は本人の自由でいいと思うけど、制服の時に家の庭?ででっかい愛犬と戯れるのは母親的にはちょっと困るよね、洗濯とか諸々のことも含めて。

一文字から情景を伝えるのは良寛さんの書が素晴らしい証拠なんだと思います。

クラブ対抗リレーって見せ物としてはめちゃくちゃ面白い気がする。
そのクラブを象徴するものをバトンにするのが見てて面白い。
けど、書道部は存続かかってるからそれどころじゃないか。

プリンスエドワード島ってどっかで聞いたことあると思ったら赤毛のアンの舞台か!
なるほどね!

キモオタってどこにでもいんなー
迷惑かける系の輩は全方面に迷惑だからほんとにやめてほしい。

悪友のような2人になんだなんだで乗せられてしまう優等生の日野さんの図。

崩してるけど読める文字って書くほうはかなりの技術が必要だよなぁ~
だから通常はプロに頼むんだろうけど。


検索で引っかかったおまけ

[asin:B01M66JWO6:detail]