神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ONE OUTS 第2巻

ONE OUTS 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

・タイトル

ONE OUTS 第2巻

・点数 100点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ⭐⭐☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度⭐☆☆☆☆

・本の概要
・絶望
・右腕
・契約
・焦燥
・資格
・挑発
・確率
・宣告

・感想
必ずとかそんなセオリーは東亜さんには通じないってまだ分からないの?

なるほど、どうやら僕は児島さんに謝らなければいけないようです。
すみませんでした。
貴方の球団に懸ける想いは本物でした。

ロゴからそんな気はしてたけど、やっぱり埼玉の球団なんだね、リカオンズ。

ワンアウト500万、1失点-5千万のONE OUTS契約。
最優秀防御率の投手ですら±0になるからこそオーナーが即乗ったってことですよね?
フフフ、面白い。

ONE OUTS契約の面白いところは本来であれば大きく査定に影響しないオープン戦も2軍戦も全てが査定に入るところですよね、常に東亜さんからしたら常にONE OUTSやってるだけだもんなーw

そして、同じプロでも1軍とかベテランとかルーキーとか関係なく、渡久地東亜の能力に気付くか気付かないかが一流と二流の境目かもなぁ~

その結果、オープン戦だけで2億7000万というテスト入団のルーキーとしては破格の契約を叩きつけ、オーナーが焦って開幕1軍を指示。
これは面白い。どうなることやら。

うーん、本心のところは置いといて、オーナーの飼い犬のプロ野球選手よりは東亜さんのほうが野球に真摯に向き合ってるよなぁ~?
いや、真摯ではないか?

児島さんを軸にやってきたリカオンズに異端児が入り、嫌われてたのに僅か数試合で逆転を果たす。
これが渡久地東亜の魅力なんだろうなぁ~
もう東亜さんがキャプテンに見えるもん(笑)

そうか、8人守備で無失点を続ければ球数154っていうツケになるのか……

疲れた、代わる。って言えるピッチャー格好いいww
東亜さんの行動が得てして人を突き動かし、ドラマを生む……のか?


検索で引っかかったおまけ

One Out Of Two

One Out Of Two

  • Ed Banger Records
Amazon
[asin:B08Y8PDKCY:detail]