神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

不能犯 第8巻

不能犯 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

・タイトル

不能犯 第8巻

点数 96点

ストーリー⭐☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・光の射す方へ
・ヒーローの条件
・絆の在り方
・正義の権力
・過去から来た男

・感想
人間は愚か……ではなく、愛おしいか、それも分かる。

血縁というのはなかなか厄介でいて素敵な絆だからね、愚かと言えば愚かに思えるケースもあるけれど。

多田刑事は殺さないし、殺させたくない。
多田刑事に屈辱的な死を。
まさに光と闇の逆転だね、人間って面白い。

楽しいね、人間は……そう来たかー
宇相吹さんと多田さんの関係性の変化もまた面白い。

新キャラクターの南条警部補……このチャラチャラした感じは出来る奴のオーラがする!


関連商品と検索で引っかかったおまけ