神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

不能犯 第7巻

不能犯 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

・タイトル

不能犯 第7巻

点数 92点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・通じない男
・見て見ぬフリ
・少女の夢
・光と闇の中で

・感想
宇相吹さんの能力が効かない熱血正義感刑事の先代……ね。
それは果たして武器になり得るのか?

正義の為の悪、必要悪ですね。
必要悪って相当覚悟いると思うんですよ、嫌われるし報われないし誰よりも傷付くと思う。
でも、誰かがやらないと……の部分もあるかもしれません。

隔離の心理はしょうがないと思う。
蓋をすることで生きていける部分もあると思うので。
夢が覚めたら終わり……と。

愚かで下衆な部分は確かにあるけど、ハルコちゃん好きー。
自分に対する過信、世の中に対して盲目。愚かさの上位ランカーだけど、純粋だったんだろうね、覚悟もなく攻めたのなら後悔しても遅いけど。

光と闇は表裏一体。
一見すると同じに見えるって演出だね?
これは人間の怖さってやつだ。

そして、闇はより強い闇には勝てないし、強い光の前では闇に変わる。
これが人間の愚かさってやつかもしれない。

容赦なく、堕とす。
堕ちれば多田さんは宇相吹さんと互角に戦えるのだろうか?


関連商品と検索で引っかかったおまけ