神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

死刑囚042

死刑囚042 コミック 全5巻完結セット(ヤングジャンプ・コミックス)

・タイトル

死刑囚042

・本の概要
死刑囚042号(本名・田嶋良平)は、椎名という研究者からある実験に誘われる。
それは、死刑制度を廃止する代わりに、死刑囚の脳に殺意が芽生えると爆発するチップを埋め込め、監視しながら社会奉仕させるというものだった。
その提案を受け入れた田嶋は、とある公立高校で働くことになるが…。

・著者情報

小手川ゆあ(こてがわ ゆあ)

誕生日 1月12日
大分県出身、熊本県熊本市育ち
職業 漫画家
活動期間 1995年~
代表作
『おっとり捜査』
『死刑囚042』
『ARCANA』

1995年、「週刊ヤングジャンプ増刊・漫革」9/5号に『おっとり捜査』を初掲載し、デビュー。
何回かの読み切りを掲載した後、1996年の「週刊ヤングジャンプ」33号にて連載デビュー。

デビュー作である『おっとり捜査』は今も根強い人気を誇り、『死刑囚042』は死刑囚を通じて生と死を描いた彼女の新たな代表作となった。

漫画家の仙道ますみ竹田エリと交友があり、竹田エリには『おっとり捜査』や『ARCANA』の巻末に四コマ漫画を描いてもらっている。

・点数 100点++++++++

ストーリー⭐⭐⭐⭐⭐
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ⭐⭐⭐☆☆
テンポ☆☆
熱中度⭐⭐⭐☆☆

・感想
+が多すぎて見辛いですが、124点分の☆を獲得したってことですね、はい。
現時点で当ブログ最高得点です。

最初に一言で感想を言うと、最高級にエモーショナルな作品でした!個人的に。
田嶋さんへの感情移入をし過ぎて感情を揺さぶられたり、読む速度をあえて遅くしたりした作品でもありました。

というのも、最初に、1巻の時点で読者は死刑囚042の余命を知らされ、そこから042号こと田嶋良平の人間性に触れ、様々な困難、罵詈雑言を乗り越えて成長・変化する彼を間近に感じつつ、別れのカウントダウンを刻んでいく独特な作風に自分が乗せられたというのが原因でした。

単に死刑囚と言えど人間であり、罪状からは到底察することの出来ない人間的魅力とバックボーンがある。
そこに間接的に触れられ、考えるきっかけをくれたので、それだけで読む価値はあると思います。

肌に合わなかったとしても、こういう制度が実際にあったらどうなのだろう?って考えるだけでも意味はあると思います。
命と向き合うべきこのご時世だからこそ、推奨したい作品です。

作品独自の制度である、死刑囚の実用的活用の法案と実験についてですが、非人道的ではある。
が、更生する意思のある死刑囚にチャンスを与えるのは悪くないと思う。
が、それを悪用しようとする輩がいるのも事実。
学校側や生徒に対する危険がない訳でもない。
ここら辺が難しいですよね、本当に。

とはいえ、頭にチップを埋め込まれているのを分かった上でわざと怒らせて042を死へ誘導としようと画策する高校生や、盲目の少女への扱いを見てると、心の綺麗さは肩書きでは語れないことを実感させられます。

犯罪者になら、死刑囚になら何をしても何を言ってもいいのか?
そういう発想だと何にも変わらないと思います。
大事なのは人間性なんだと改めて実感させられる内容でした。

それを証拠に、042こと田嶋さんとの別れの場面は様々な登場人物が悲しみ、慈しみ、それぞれの胸に心に刻まれていました。
それは、登場人物に限らず、読者にとってもそうだと思います。

この作品を読んで良かったと思えるのは、田嶋さんがいたからであり、田嶋さんでなければあそこまで感情を揺さぶられてない。
少なくとも僕はそうです。

画に関しては個人的に好みの絵柄でした。
そして、田嶋さんや椎名さんの感情が伝わりやすい画でした。
緊迫した場面や、不愉快な場面もありますが、画が優しいので読みやすかったです。
それも高評価の要因です。