神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

神の雫 第21巻

神の雫(21) (モーニングコミックス)

・タイトル

神の雫 第21巻

・点数 72点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・本の概要
サンテミリオン、この変わらぬ美しき光よ
・ブーケは狂おしく舞い上がり
・花嫁を抱く腕は力強く、ときに優しく
・17世紀の森へと迷い込みし旅人は
・好敵手は震える声を漏らし
・天才の右手は雄々しく掲げられ
・語られぬ真実は、総てワインの中に
・突然の潮風に、人魚の心は弾けて
・不機嫌なワインを全力で振り向かせて
・再会のときは放課後のグラウンドで

・感想
雫くんがミヤビちゃんに気の利いたコメントをするとは驚きだ。

一青さんが出てくると少し引き締まる効果あるね、さすがプロって感じします。

自然の力は凄まじい。
自然に勝てるのは自然ってことか。
自然って凄いなぁ~

ミヤビちゃんのヤキモチ回…個人的にはどうでもいいけど、雫ミヤビ派にとっては面白いんじゃないかな?

行き詰まった時こそ息抜きが大事って改めて思いました。


関連商品