神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

神の雫 第23巻

神の雫(23) (モーニングコミックス)

・タイトル

神の雫 第23巻

・点数 84点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ🌟☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・翠玉の反目の樹は雄々しく繋りて
・紅蓮の炎よ、宿るは悪しき心か善なる魂か
・赤き黄昏の地平線に、朋友は輝いて
・蜃気楼揺らめく樹々が語りし夢は
・尖塔への入り口は、未曾有の静けさの中で
・奏でられし時の五線譜、ともに歩みゆく者たちよ
・百年の長き眠りが覚める、聖なる朝に
・涙に濡れる杯に、芸術の芳香をそっと
・諦観か敗走か、辛辣にスパークする心の猛り
・遠き日の優しき香りに、踵を返して

・感想
逃げるということは敵に背を向けるということ…これなー、難しい問題ですよね。

神でもあり魔物でもある…この表現好き。

今までとは明らかに違う使徒…それはどんな意味なのだろう?

第7の使徒の意味、そういうことか、だから初めから違うワインを持ってくることが予想されてたのか。

思い込みで勝手に勝負を降りようとするとはここに来てうぜぇし、見苦しいぞ。
たとえその予想が当たってたとしても、それは向き合うべき問題だし、向き合えば違った答えかもしれないだろうが。

話を聞かずに決め付ける人嫌いなんでここの雫は本当に嫌い。


関連商品

検索で引っ掛かったおまけ

わたしは灰猫 (扶桑社BOOKS)

わたしは灰猫 (扶桑社BOOKS)