神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

ハチミツとクローバー 第1巻

ハチミツとクローバー 1

・タイトル

ハチミツとクローバー 第1巻

・著者情報

羽海野チカ(うみの チカ)

誕生日 8月30日
出身地 東京都足立区出身
職業 漫画家
活動期間1995年~
ジャンル 少女・青年漫画
代表作
ハチミツとクローバー
3月のライオン
受賞歴
第27回講談社漫画賞少女部門(2003年)
このマンガがすごい!オンナ編第1位(2006年、2007年)
第1回ブクログ大賞マンガ部門大賞(2010年)
第35回講談社漫画賞一般部門(2011年)
第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞(2014年)

小学生の頃からキャラクターデザイナーや漫画家になる夢を抱いていた。
工芸高校在学時に「ぶ〜け」に一度だけ投稿作品が掲載される。
卒業後は株式会社サンリオに就職し、勤務外に同人誌活動をはじめる。
3年後に同社を退職し、フリーで、イラストやグッズのカットを手掛けた。

漫画家への夢をあきらめず、同人誌活動を継続し、コミックマーケット参加時代には同人誌を発行していた。

ペンネームは自身の読み切り作品、「海の近くの遊園地」からとったもの。

宝島社『CUTiE Comic』へのカット絵の仕事を依頼された際、ネームを見せたことから『ハチミツとクローバー』でデビュー、初連載となる。
しかし『CUTiE Comic』休刊が決定したことで、連載は終了。
この作品を描き続けたいと、自ら出版社に持ち込み、再連載が決定した。

ハチミツとクローバー』は2005年にアニメ化、2006年に実写映画化、2008年にはTVドラマ化されてヒットし、代表作となる。
同作で2003年に第27回講談社漫画賞少女部門を受賞。

敬愛する漫画家は「くらもちふさこ」、「萩尾望都」。
萩尾望都の作品から技法を学びとり、独習した。
ハチミツとクローバー』の「はぐちゃん」は、萩尾望都ポーの一族』シリーズ短編第2作『ポーの村』に登場したメリーベルをイメージして、おでこを出した長い巻き毛の少女にした。

イノセンスを待ちながら』では『機動警察パトレイバー 2 the Movie』や『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』など押井守アニメの思い入れを描き、後に押井守の弟子である神山健治のオリジナルアニメ『東のエデン』『Xi AVANT』キャラクター(原案)を手がけた。

デビュー第2作目の『3月のライオン』は編集者の、次回作は将棋かボクシング漫画をとの提案がきっかけ。
羽海野本人は将棋は全く知らないため、対局シーンは監修者の協力を得て描かれている。
ハチミツとクローバー』後、一発屋との風評に手堅い作品をと、前作7巻目から準備を始めた。
物語の舞台は実在の場所に設定することを決め、萩尾望都『海のアリア』に倣い、当初は鎌倉を検討したが取材のしやすさ、橋が多くあり、川で画面が広くなり絵になる場所という理由により、都内の月島に変更。

2010年12月8日に公式ブログで、「東京都青少年健全育成条例改正案」の表現への規制に、反対を表明している。

ハリー・ポッター』と宮崎アニメが好きで、自らをオタクと称する。

・点数 76点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
14日前にフラッといなくなって大金持って帰って来たら怖いよね(笑)
この自由人森田さん結構好き(笑)

はぐちゃんのお父さんって警察なのか、それは嫌だな←

人が恋に落ちる瞬間が同じ日の同じ空間で2度…珍しい!

ナレーションは誰視点なんだろう…実にうざい(笑)

ローマイヤ先輩は嵐のように去って行った(笑)

昔、ガラケー時代は1人1人に違う着信音付けてたなぁ~懐かしい。

山田さん可愛い。暴力的なのはどうかと思うけど、可愛いから許す!
料理下手でもいいよ、可愛いからね!!

1巻の感想としては、片想いの切なさはありつつも平和な作品でほっこりします。


電子書籍

ハチミツとクローバー 1

ハチミツとクローバー 1

コミックセット