神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

人間失格 第1巻

人間失格 1 (BUNCH COMICS)

・タイトル

人間失格 第1巻

・著者情報

古屋兎丸(ふるやうさまる)
生年月日 1968年1月25
東京都出身
本名 古屋剛
生誕
1968年1月25日(51歳)

小学生の頃に「手塚治虫の漫画通信講座」を受け、『少年キング』の似顔絵コーナーの常連だった。
高校在学中はアングラな世界に目覚め、3年時に求めていた表現が油絵であるとに気づき美大に入学。
在学中は東京グランギニョルに憧れて演劇も行っていた。その後、抽象的な表現よりも具体的な形を求めるようになる。

卒業後はアーティストを志す。
油絵だけで身を立てるには難しい時世だったため、アルバイトでイラストを描いて収入を得る中、昔漫画を描いていたことを思い出し、漫画家への転身を決意。
その後、『月刊漫画ガロ』1994年9月号掲載の「Palepoli」でデビュー。
当初は高校の美術講師をしながら漫画執筆をしていた。

趣味は映画鑑賞、読書、散歩、バイクいじりなど。

伊集院光に心酔しており、『伊集院光 深夜の馬鹿力』のコーナーだった「デビッド・リンチ占い」をもとに描いたという『少年少女漂流記』、『π』、『ライチ☆光クラブ』も伊集院の影響を受けている。

多彩な画風と繊細で正確な描き込み、ブラックな作風を得意とする。

代表作
『ハピネス』
ライチ☆光クラブ
『彼女を守る51の方法』
『幻覚ピカソ
人間失格
帝一の國

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・大庭葉蔵
・歪んだ顔
・堕ちる
・鎌倉心中

・感想

原案の太宰治さんに対するリスペクトなのか、まさかの自己投影スタート⁉

漫画のネタに困っていて、ネットのクチコミで見つけた「大庭葉蔵」という人物のたった3枚の写真と人間失格というタイトルの日記を見付けたところから物語は始まります。

人気者、道化、当たり障りのない普通を演じて内心ドロドロで人間を理解していない。

随所に原作の原文引用があるのも特徴。

せっかくよき友人に巡り会えたのにそっちの道を選ぶなんて勿体ないなぁ~
なんて思ったり。


コミック

人間失格 1 (BUNCH COMICS)

人間失格 1 (BUNCH COMICS)

電子書籍
人間失格 1巻 (バンチコミックス)

人間失格 1巻 (バンチコミックス)