神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

東京闇虫

東京闇虫 全7巻 完結セット(ジェッツコミックス)

・タイトル

東京闇虫

・本の概要

初っ端から人生ドン底の主人公、加藤亮の視点から描かれる、最も選びたくないシナリオというテーマで書かれた作品です。アウトローな作品。

・著者情報

本田優貴(ほんだ ゆうき)

大阪府出身の漫画家。

2009年、『ヤングアニマル』にて『東京闇虫』の読み切りを掲載。
2010年、連載を開始。

Webコミックサイト『やわらかスピリッツ』で『アイアムアヒーロー』のスピンオフ漫画で、大阪が舞台の『アイアムアヒーロー in OSAKA』を連載。

代表作の東京闇虫の主人公がこてこての関西弁だったり、何かと関西色が濃いイメージです。

・点数 68点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
キャラクター☆☆☆☆
設定☆☆☆☆
没入感☆

・感想
分かりやすさとテーマの一貫性は高いレベルですが、奥深くはないです。
個人的に言えば、ストーリー構成はわりと好みでした。

画が上手いというよりはここぞの場面で醸し出す独特の迫力がありました。

まず主人公が心底嫌いで、虫酸が走るのですが、そこら辺が気になる方は内容に触れていますが、単巻のレビューからどうぞ。
めちゃくちゃ個人的に嫌ってるので、だから(主人公が嫌いという理由では)減点とかはしてないです。
それはそれでキャラ立ってましたし、それも魅力っちゃ魅力です。多分。
減点理由は、オチの付け方です。ストーリー構成としてはアリなんですけど、作中トップクラスのカリスマの扱い方に関しての減点ですね、これは読めば多分分かります。
減点=ダメという訳ではないので、難しい部分ではありますが。

基本的にクズの集まりというか、これより底辺はないんじゃないか?の候補的な部分が強いテーマ性なので、主人公に対する悪口は作品への褒め言葉と言っても過言ではないかも?っていう認識で容赦なく叩き潰すつもりで単巻レビューではボロクソに言わせてもらいました。直感的にそう感じたので。
最も選びたくないシナリオ、最底辺の人生の一旦の選択肢としてはかなりいい出来だと思います。
読んでてヘイト溜めまくりのストレス溜まる漫画って冷静に考えたらめちゃくちゃ挑戦的ですよね(笑)

没入感に関してはごめんなさい。イラつきすぎて全く集中出来なくて、尚且つもう一度読みたいと思ったことは一度もないので、文句無しの即決最低評価です。
まあ、コンセプトには当てはまってるので、酷評されてこそ輝いてる作品だと捉えたので、容赦なく書かせてもらいました。

一応書いておきますが、嫌いなのはキャラクターであり、ストーリーと作品は意外と嫌いではないです。
こういう挑戦面白いと思います。


以下、商品リンクを挟んで、内容に触れつつ、個人的に感じた感想を書いています。
ネタバレが気になる方はご注意下さい。



本当に初っ端から借金まみれで借金を踏み倒して逃げようとする加藤。
借金の理由は不問にしたとしても普通に態度よくないですよね、読み始め数ページで嫌いになりました。

特技は責任転嫁。
能力低いくせにすぐに調子に乗って付け上がるトップオブクズの加藤ですが、闇社会の何でも屋にして何かと顔が広い浅村に借金を肩代わりしてもらった代わりに彼の下で働くことになります。

ドン底から這い上がる事が出来るのか?
というお話でもあります。

トップオブクズである加藤の相方もなかなかのクズだった⁉
這い上がりたい系とのしあがりたい系かー、組み合わせとしては面白いですよね、初期の方は帝国作りたいとか言ってたなw

それはそれとして、2巻~3巻にかけてこのコンビが借金回収に向かうことになるとあるオタクの話ですが……推しのメイドに尽くすが故に借金地獄になるという闇……抜け出せない沼は怖いですね、ピンと来なければ課金沼だと考えれば……ちょっと震え上がる怖さありますよね、この人、ウシジ◯くんにかもられそう……

加藤、地元の友人と再会して一攫千金。
その事実と自身の性格のせいであれよあれよと追い込まれて絶体絶命のピンチに。
勘違いして付け上がるから結局またドン底に戻るんだと思いますが……短絡的で学習能力もないから救いようがないですよね。

自らが助かる為に人の気持ちを無下にする加藤がトップオブクズからキングオブクズに昇格していく中、地味に好感度上げたのが加藤の元相棒の愛場でした。
何気に面倒見いい⁉ちょっと君、キャラ変わってないかい⁉

邪心が多すぎることから加藤が連れていかれた謎の施設、国男ハウス。
そこでは訳あって表社会で生きていけない過去を持つ者達が更生を目指す場所?
何にしても全てが胡散臭いちょっと気持ち悪い場所。
愛を謳いつつ、しくじれば命はない。逃げることも許さない。それが国男ハウス……っていう風に捉えました。

秘密裏で動いていた逃亡計画ですが、別に盗んだバイクで走り出したりはしません。
いろんな人が出てきて東京闇虫オールスターっぽくなるんですけど、加藤が周りに流されるダメな自分を変えるために強い覚悟で最強のオッサン(国男)に挑みます。

結果はどうあれ、加藤のダメなところは自分の能力をわきまえずに行動して結局は他人に迷惑をかけるところなので彼は全く自分を見れてないし、それじゃ根本的に変わらないこともおそらく分かってない。

ちょっとした衝撃を残して最終回を迎えます。

総括すると、着眼点とかストーリー展開は悪くないです。
でも個人的にはキャラクターにあまり魅力を感じなかったです。そこが残念ですね……
俯瞰的に見た時のキャラクターに対する評価と個人的な意見がここまで対極的なのも珍しいかも(笑)


コミック

電子書籍(まとめ買い対応)

実写化作品

関連商品

おまけ