神黎の図書館

ゲーマーでもある僕が読んだ本について思ったことを書くブログです。

MAJOR リトルリーグ編

・タイトル

MAJOR リトルリーグ編

・本の概要
小学4年生になった吾郎が仲間を集めてリトルリーグ(三船リトル)に入り、闘魂を燃やして突っ走るエピソードです。
巻数で言えば3巻7話~14巻5話にあたります。

3巻
MAJOR(3) MAJOR (少年サンデーコミックス)
マイナースポーツ
再会(三船リトルの監督)

4巻
MAJOR(4) MAJOR (少年サンデーコミックス)
再建or解体
本当の友達
初試合

5巻
MAJOR(5) MAJOR (少年サンデーコミックス)
チーム

吾郎と横浜リトル、そして再会

6巻
MAJOR(6) MAJOR (少年サンデーコミックス)
おとさんの影と母さんの想い
ギブソンからの招待状
最高の球宴
吾郎の答え

7巻
MAJOR(7) MAJOR (少年サンデーコミックス)
場違いの合同合宿
練習試合
後遺症
挑戦状

8巻
MAJOR(8) MAJOR (少年サンデーコミックス)
無謀
インチキ投手
友情のカタチ
吾郎の初恋

9巻
MAJOR(9) MAJOR (少年サンデーコミックス)
女心
秋季大会
ブラックトライアングル

10巻
MAJOR(10) MAJOR (少年サンデーコミックス)
賭け
茂野と桃子と吾郎の気持ち

11巻
MAJOR(11) MAJOR (少年サンデーコミックス)
小森負傷
ピッチャー沢村
フォーク攻略法
第2の捕手を探せ

12巻
MAJOR(12) MAJOR (少年サンデーコミックス)
代打の監督
横浜リトルの猛攻
三船リトルの反撃
油断大敵
吾郎の秘策

13巻
MAJOR(13) MAJOR (少年サンデーコミックス)
変化球
常勝テクニック
計算外

14巻
MAJOR(14) MAJOR (少年サンデーコミックス)
激闘の末に

・著者情報
満田拓也(ミツダ タクヤ)
生年月日 1965年6月17日
出身地 広島県福山市
職業
漫画家
活動期間 1982年-

ジャンル
少年漫画
スポーツ漫画
代表作
『健太やります!』
『MAJOR』

受賞歴
第11回小学館新人コミック大賞少年部門佳作(1982年)
第41回小学館漫画賞(1995年)


1982年、『蛮勇』で第11回小学館新人コミック大賞少年部門佳作を受賞し、デビュー。

1988年、『週刊少年サンデー』にて、バレーボールを題材にした『健太やります!』を連載(1994年まで)。

1994年、『週刊少年サンデー』にて、野球漫画『MAJOR』を連載、16年間続く長編漫画となり、2010年に連載終了。

2011年、『週刊少年サンデー』にて、ボクシングを題材とした『BUYUDEN』を連載し、2014年1月に連載は終了。

その後、『週刊少年サンデー』にて、『MAJOR』の主人公である吾郎の息子の大吾を主人公とした続編『MAJOR 2nd』が連載開始。

・点数 72点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆

・感想
潰れかけた三船リトルの再建からその才能故の悩み、仲間との衝突、怒りetc.
紆余曲折を経て、成長した吾郎と仲間の織り成す物語。
そして、親子の絆や命の重さについて考えさせられるエピソードもあります。

幼少期はあんなに可愛かったのに……今やその面影はなく、(顔はイケメンだけど性格がちょっと……)子育ての難しさを間接的に知りました。
男の子にとって父親(父の背中)ってめちゃくちゃ大きいですよね、大事だと思います、父親の存在は……

吾郎は愛情を持って育てられてるはず(引き取られる時のくだりからして)なのですが、それでもこうなったのはそういうことなのかなー?って少し思ったり。

三船リトルに入った直後は浮きまくってましたが、桃子さんの厳しい言葉が刺さります。
読み手としては吾郎の傲慢とも取れる態度にイラついてた場合、スカッとする場面でもあります。
桃子さんは紛れもなく母親です。痺れました。

ギブソンからの招待状でメジャーのオールスター戦を観戦に行った吾郎はギブソンの投球スタイルに感銘を受けます。
何気にこれ、悩みながらもシリーズ通して一貫しました。
吾郎とギブソンもある意味、親子に近い関係性ですよね、ギブソンさんが反省してるのはすごく伝わった。

合宿編は何気に好きです。
横浜リトルの監督がただのモブじゃない……だと⁉な感じで回想シーンを挟んで、ちょっと好感度上がるっていう。
トラウマから来る幻の魔球は何気にいい伏線です。

三船リトルと横浜リトルの試合はいい試合でしたし、吾郎の気持ちも熱かったです。それがいいことかは置いといて。
茂野さんもね、おとさんの同期で親友のおじさんってだけじゃなくて、本気で吾郎のことを案じてくれるいい親父ポジションですよね!
あれ、そう考えたら吾郎って結構恵まれてるような……

そういえば、横浜リトルの監督だけではなく、ブラックトライアングルや言いなりロボット親子もいいキャラしてましたよね!
あの辺のその後とかめっちゃ気になりますもん。

さて、感想的には概ね高評価ですが、熱中度が低いのは主人公の吾郎が気に食わないからです。主に態度が。
そんなわけでいまいちノリきれなかったのが残念でした。
ストーリー展開としては感想の通り、普通に面白かったです。

今回もざっくりとしたまとめですが、読んでくれた方々、ありがとうございました(^人^)

吾郎の何が気に入らないかは単巻レビューに書いてますが、個人の主観入りまくりなのであまりオススメはしません。
が、それでも気になる方は単巻レビューのほうをご覧下さいm(__)m


4巻

5巻6巻7巻8巻9巻10巻11巻12巻13巻14巻