神黎の図書館

ゲーマーでもある僕が読んだ本について思ったことを書くブログです。

MAJOR 幼稚園編

・タイトル

MAJOR 幼稚園編(1~3巻6話まで)

・本の概要
茂野吾郎がまだ本田吾郎だった時、さらに幼少期だった時、「おとさん」との大切な思い出や寿くんとの出会いが描かれた長編作品『MAJOR』の序幕となるエピソードです。

1巻
MAJOR(1) MAJOR (少年サンデーコミックス)
プロ野球選手の息子
故障と絶望
第2の野球人生
寿くんとの出会い

2巻
MAJOR(2) MAJOR (少年サンデーコミックス)
誤解とすれ違い
父の背中
メジャーリーガーの実力

3巻
MAJOR(3) MAJOR (少年サンデーコミックス)
BASEBALLと野球
悲劇

・著者情報
満田拓也(ミツダ タクヤ)
生年月日 1965年6月17日
出身地 広島県福山市
職業
漫画家
活動期間 1982年-

ジャンル
少年漫画
スポーツ漫画
代表作
『健太やります!』
『MAJOR』

受賞歴
第11回小学館新人コミック大賞少年部門佳作(1982年)
第41回小学館漫画賞(1995年)


1982年、『蛮勇』で第11回小学館新人コミック大賞少年部門佳作を受賞し、デビュー。

1988年、『週刊少年サンデー』にて、バレーボールを題材にした『健太やります!』を連載(1994年まで)。

1994年、『週刊少年サンデー』にて、野球漫画『MAJOR』を連載、16年間続く長編漫画となり、2010年に連載終了。

2011年、『週刊少年サンデー』にて、ボクシングを題材とした『BUYUDEN』を連載し、2014年1月に連載は終了。

その後、『週刊少年サンデー』にて、『MAJOR』の主人公である吾郎の息子の大吾を主人公とした続編『MAJOR 2nd』が連載開始。

・点数 68点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・感想
面白い面白くないの前に、ここのエピソードのみで言うと、キャラクターに対しては感情移入しづらいです。

というのも、「本田茂治が幻の天才だから」です。
高校時代からセンスの塊でエースで4番、怪我さえなければプロとしてもエースで活躍できたはずで……

打者に転向したらそれはそれで才能の片鱗を見せる。
その華々しさと挫折と息子想いの父親であること(父としても格好いい)、亡き妻を想う気持ちと新たな恋と……いや、この短い巻数に詰め込み過ぎだろ(笑)っていう。

MAJORという作品を一通り知っていて立ち返る場合は問題ないですが、初見の場合はちょっと置いていかれるかもです。

リトルリーグの小学生が驚くゴローくんの速球と普通に捕球する寿くんという2人の5歳児は天才の片鱗が既に……ということなのでしょう。

才能の部分は非現実寄り、怪我のくだりは現実的という混ざり方は今後も続くMAJORの作品としての特徴の1つだと思います。

ストーリーや熱中度の評価を可もなく不可もなくにしたのはそういうことです。
つまらなくはないけど、引き込まれる程ではない。

作品全体としてのオリジナリティは高めだと思うのですが、序盤の展開はサンデーのスポーツ漫画あるあるをなぞってるので満点ではないです。

1周目ではない勢からしたら本田茂治とジョー・ギブソンの対決は思うところはありますし、あのシーンを後々ああいう形で使うのは作者のセンスを感じる……と思うのですが、それは作中で言えばかなり未来の話です。

ギブソンの選択とその結果についても同じ事が言えますね、未来の話ですが、辛いですね……
後付けではあるけど、責任感や義務感からギブソンが取った行動は本当に正しいの?
って思うエピソードが後々描かれるのですが、この最初のエピソードは短いですが、それぐらい大事なエピソードです。

ギブソン絡みだけではなく、本田選手と茂野選手の関係性も描かれてますし、わりと大事なんですよ、この最初のエピソード。

というわけで……否定から入りましたが、『MAJOR』という作品全体で見たら非常に大事な骨組みのエピソードになります。

今回のレビューは読んでてあまり気持ちのいいものではなかったと思いますが、それでも最後まで読んでくれた方々、ありがとうございました(^人^)


1巻

2巻

3巻