神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

BAMBOO BLADE 第7巻

BAMBOO BLADE 7 (ヤングガンガンコミックス)

・タイトル

BAMBOO BLADE 第7巻

・本の概要
・タマちゃんとウラちゃん
・コジローと先輩
・コジローと朝日

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・感想
榊ウラ登場回です。
こんな可愛い子なのに記憶にない…あれ?って思ってたらアニメにはほとんど登場してない(放送当時に原作に追いついた関係)ということで…そりゃ知らない訳だ!!

そんなウラちゃんですが、親戚のお手伝いで未参加だったユージ以外の剣道部員のショッピング(元々はダンくんとミヤミヤのデート)中に修学旅行中のウラちゃんに偶然出会います。

出会いのシチュエーションがタマちゃんのパロディ!
ということで、タマちゃんと同じ匂いの強敵登場!と盛り上がるキリノ達。
しかし、特に何も感じないと正直に言うタマちゃんに部員達はつまらないの一言。
帰り際、つまらないと言われたことを気にしてユージくんに確認するタマちゃんが可愛い。

にしてもタマちゃんとユージくんってお似合いな雰囲気ありますよね、幼馴染みですし!

そんな中、コジロー先生の部屋に再び現れた先輩。
お酒に酔って面倒臭いモードの先輩でしたが、もう1つの練習試合で顧問同士も試合をしようという話に。

翌日、コジロー先生は先輩と試合してこてんぱんにやられるイメージを持ち、夢にまで見てしまいます。
そして、外の朝日を見て、無性に竹刀を振りたくなるのでした。

ストーリー的にいよいよ本番といった流れになりましたね!
ちょっとワクワクしてます!

それにしてもウラちゃんはなんというか……めちゃくちゃ咲-saki-に出そうな絵柄をしています。
なんか麻雀強そう!


コミック

BAMBOO BLADE 7 (ヤングガンガンコミックス)

BAMBOO BLADE 7 (ヤングガンガンコミックス)

電子書籍