神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

MAJOR 第1巻

Major―Dramatic baseball comic (1) (少年サンデーコミックス)

・タイトル

MAJOR 第1巻

・本の概要
プロ野球選手の息子『本田吾郎』
・故障と絶望
・第2の野球人生
・寿くんとの出会い
・リトルリーグ

・著者情報
満田拓也(ミツダ タクヤ)
生年月日 1965年6月17日
出身地 広島県福山市
職業
漫画家
活動期間 1982年-

ジャンル
少年漫画
スポーツ漫画
代表作
『健太やります!』
『MAJOR』

受賞歴
第11回小学館新人コミック大賞少年部門佳作(1982年)
第41回小学館漫画賞(1995年)


1982年、『蛮勇』で第11回小学館新人コミック大賞少年部門佳作を受賞し、デビュー。

1988年、『週刊少年サンデー』にて、バレーボールを題材にした『健太やります!』を連載(1994年まで)。

1994年、『週刊少年サンデー』にて、野球漫画『MAJOR』を連載、16年間続く長編漫画となり、2010年に連載終了。

2011年、『週刊少年サンデー』にて、ボクシングを題材とした『BUYUDEN』を連載し、2014年1月に連載は終了。

その後、『週刊少年サンデー』にて、『MAJOR』の主人公である吾郎の息子の大吾を主人公とした続編『MAJOR 2nd』が連載開始。

・点数 72点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・感想
1巻の率直な感想は悪くはない。この一言に尽きます。
この時点ではまさか長編漫画になるなんて予想できなかったです、はい。
MAJORもリアリティ(現実味)とファンタジー(幻想)の間のような作品ですね、アプローチは悪くはない。

1巻としての悪いところというかあんまりよくないところは作品に対して真っ白な状態で読んだ場合、言うほどキャラクターに感情移入出来ないという部分ですかね。

プロ野球選手の息子で幼少期から天才的才能という設定は大多数の読者には経験しようのない感覚だと思いますし、お父さんメインの部分もケガをしてから1.5軍とか高校野球の頃から野球センスが凄かったとか突然言われてもよく分からないし、崖っぷちに立たされて親友の言葉や息子の存在で再起、奮起する感動は 分かりますが、それは状況に感動するのであってキャラクター性はよく分かってない…とかになりそうなんですよね。

僕はこの部分はアニメで10周ぐらい見てるので子安さん効果の恩恵があったり、本田茂治という人物が分かっているので問題はないですが、完全に初見だとこの1巻は果たして面白いかな?っていうのはちょっと思いました。

そんな感じで、楽しめたとしても読者には共感しづらいのがこの1巻の印象です。

寿くんがまだ共感しやすいかな?
母親に勉強を強いられるも隠れてゲームとかそういうのは子供らしいといえば子供らしいと思います。
手加減されたら初めてのキャッチボールで吾郎くんの球取れるみたいなのは才能の片鱗っぽいからあんまり一般的ではなさそうですけどねw

そんな寿くんも吾郎くんと遊ぶようになってからは5歳にしてリトルリーグ(9~12歳)の子供達が驚くような吾郎くんの速球を捕るからやっぱり現実離れはしてますがw

幼少期編には凡人が少ないのでそういう意味では桃子先生は癒しです。

一言で言うと、ストーリー重視でキャラクター性が薄い印象です。

とはいえ、それ自体が悪いこととは思いませんし、結果的によかったから大ヒット長編漫画になったのだと思います。


コミック

Major―Dramatic baseball comic (1) (少年サンデーコミックス)

Major―Dramatic baseball comic (1) (少年サンデーコミックス)

電子書籍